サイバーセキュリティにAIを使用する8つのメリット

投稿者 Zevenet | 22 2月、2022 | 技術的

2020年の間に、私たちは、特にビジネステクノロジーにおいて、多くの変革を目の当たりにしてきました。 変革について聞いたとき、最初に頭に浮かぶのは、リモートワーク関連のツールかもしれません。 しかし現在、業界は人工知能、特に自動化ボットに重点を置いています。 人工知能は、人間の知能を模倣するためにこの世界に導入されています。 その主な目的は、人間の干渉を少なくしてビジネス上の問題を解決することです。 サイバーセキュリティにおけるAIに関しては、悪意のある攻撃を可能にし、サイバー攻撃から防御する両刃の剣として機能します。

まず、両方のテクノロジーがどのように相互に接続されているかを理解しましょう。 今日のビジネス環境では、サイバー攻撃はますます大きくなっており、それがサイバーセキュリティをビジネスの最も重要な部分にしています。 サイバー攻撃の増加に伴い、サイバーセキュリティには人間の関与以上のものが必要であることがわかりました。 人工知能は、潜在的なリスクを見つけるために定期的に多数のファイルを分析できるため、サイバーセキュリティに大きな可能性を秘めています。 サイバーセキュリティの人工知能は、以前のサイバー攻撃データから学習し、新しい脅威を特定するプロセスを常に学習および改善しています。

サイバーセキュリティで人工知能を使用する利点

今日の急速に進化するサイバー攻撃の世界では、人工知能がビジネスのサイバーセキュリティを大幅に向上させます。 AIにはサイバーセキュリティにいくつかの利点があります。この記事では、サイバーセキュリティに人工知能を使用することの利点について説明します。 それらのいくつかは:

未知のサイバー脅威の検出: 人間によるすべてのサイバー脅威を検出することは不可能であることは誰もが知っています。 さまざまな意図を持つ何百万ものサイバー攻撃があります。 未知の脅威によってネットワークに甚大な被害が発生する可能性があります。 それらは、識別、検出、防止される前に、ネットワークに悪影響を与える可能性があります。AIは、このような未知の脅威攻撃を識別して阻止するための最良のテクノロジーのXNUMXつです。

大量のデータの処理: 平均して、中規模の企業は大量のトラフィックを抱えており、企業ネットワーク上で多くの活動が行われていることを示しており、顧客と企業の間で日常的に大量のデータが転送されています。 悪意のある人やソフトウェアからデータを保護する必要があります。 人工知能は、セキュリティの脅威を自動的に検出するアルゴリズムを作成することでこれを実現します。 共有ファイル、電子メール、訪問先サイトなど、さまざまなITネットワーク要素を網羅しています。 人工知能は、より短い時間でより徹底的にデータを処理します。 ここでは、人工知能セキュリティソフトウェアがより堅牢なプロセッサで使用されています。 これらのプロセッサは膨大なデータをすばやくスキャンし、数分以内に異常と解決策を引き出します。

サイバーセキュリティエラーをなくす: 人工知能は同じ一連のタスクを実行することで疲れたり気を散らしたりしないため、エラー率は人間の努力と比較して大幅に減少します。 複数のページで作業しているときにデータを保護することは、人間的には不可能です。 ただし、この場合、データ処理を人工知能のセキュリティに任せることができます。 サイバー脅威要因をすばやく検出し、従業員が脅威ではなく他のタスクに集中できるようにします。 これにより、サイバーセキュリティを通過するエラーのレベルが大幅に制限されていることを会社はより確信できるようになります。

より優れた脆弱性管理の提供: 脆弱性管理は、企業のネットワークを保護するための主な機能です。AIはシステムを迅速に評価し、それによって問題解決能力を数倍に高めます。 これは、セキュリティネットワークの弱点を特定し、企業がそのような点に集中するのに役立ちます。

全体的なセキュリティ: ビジネスネットワークが直面する脅威は時々変化しています。 時間の経過とともに、ハッカーはセキュリティネットワークを侵害するために戦術を変更しています。 これにより、セキュリティタスクの優先順位付けが困難になります。フィッシング攻撃、サービス拒否攻撃に沿ったランサムウェアなど、さまざまな攻撃に同時に対処する必要がある場合があります。これは、ネットワークにAIを導入して、あらゆる種類の攻撃を検出し、それらを防ぐのに役立ちます。

検出と応答時間の向上: AIは、真の問題の検出を高速化する上で重要です。AIセキュリティは、作業量を簡単に処理できます。革新的な戦略に取り組む時間が長くなります。これらの戦略は、全体的なセキュリティ構造を改善する可能性があり、サイバーセキュリティを強化する可能性もあります。

サイバー脅威の検出と自動化の強化: 時間の経過とともに、より自動化されたセキュリティ構造が採用され、AIはサイバーセキュリティでその重要性を増しています。サイバー脅威検出の自動化は、潜在的なリスク間のリンクを迅速に見つけ、迅速に行動できることを意味します。AIは、疑わしいリンクやファイルを特定できる推論を使用します。 、またはデータの脅威。次に、必要な対応を開始します。

認証の保護: ユーザーのログイン、フォームへの入力、オンライン支払いを必要とするさまざまなビジネスサイトが利用可能です。 このようなビジネスには、セキュリティの追加レイヤーが必要です。AIは、物理的な認識の手法を使用して認証プロセスをより安全にします。AIは、顔認識、指紋スキャンなどの認識手法など、いくつかの要素を使用して個人を認識します。 次に、メインのデータポイントを使用して、ログインが本物かどうかを検出します。

今日の競争の激しいビジネス環境では、データとネットワークを保護することは容易ではありません。 人工知能でサイバーセキュリティを強化することで、予防策を講じることができます。 ビジネスセキュリティネットワークにAIを組み込むことにはいくつかの利点があります。 間もなくAIはサイバーセキュリティの重要な部分になるでしょう。

おかげで:

Gaurav Pratap

ON SHARE:

関連ブログ

投稿者zenweb | 13 4月2022
クラウドの移行中は、ハードウェアのセキュリティが不可欠です。 クライアントがクラウドへの移行について話すときはいつでも、クライアントに思い出させることが非常に重要です。 クラウドにいることは考慮されていません…
31が好きコメントオフ クラウドへの移行について? ハードウェアセキュリティを忘れないでください
投稿者zenweb | 06 4月2022
Webアプリケーションの負荷分散とコンテンツ切り替えの概念に違いはありますか? ロードバランサーは、複数のサーバーにリクエストを分散して、XNUMX台のサーバーよりも多くのトラフィックを処理します…
32が好きコメントオフ 負荷分散とコンテンツ切り替えの違いは何ですか
投稿者zenweb | 16 3月2022
本人確認は個人の機密データの使用を取得するため、消費者は自分の情報が安全に処理されることを確認する必要があります。 このブログをさらに深く掘り下げましょう。 技術の進歩は…
41が好きコメントオフ デジタルKYC検証でオンラインの採用と信念を高める方法に関する研究