ネットワーク| ルーティング| テーブル| 構成、設定

投稿者 Zevenet | 17年2020月XNUMX日

このセクションでは、Zevenetロードバランサーのルーティング構成テーブルを示します。このセクションから、ルーティングテーブルの動作を変更したり、新しいルートを追加したり、既存のルートを削除したりできます。

すべてのテーブルは、ロードバランサーで既に構成されているインターフェイスのサブネットを認識しているため、構成された任意のテーブルから、システムは同じテーブルを介して宛先ネットワークにパケットを転送できます。 たとえば、eth0はサブネットを管理します 192.168.100.0 / 24 eth1が管理 192.168.101.0 / 24、しかしテーブル table_eth0 及び table_eth1 他のサブネットを知っているので、パケットがテーブル内のVIPに到達した場合 table_eth0 ネットワーク内のバックエンド192.168.101.0 / 24 (eth1を介して到達可能)、パケットを受信したこのテーブル(table_eth0)は、パケットをネットワークに直接転送できます。 192.168.101.0 / 24 テーブルを通して table_eth0.

すでに述べたように、すべてのテーブルは他のテーブルのサブネットを認識していますが、何らかの理由でサブネットを別のテーブルで認識する必要がない場合、このネットワークは次のようになります。 「管理されていない」 選択したテーブル内。

[テーブルの構成]ビューについて以下で説明します。

ID:システムによって割り当てられた内部一意識別子。変更できません。
:パケットの宛先となる宛先IPまたはCIDR(IP /ビットマスク)。
インタフェース:フィールドで以前に構成された宛先に到達するために使用するインターフェース .
ソース:前の選択に基づいて、フィールドで構成された宛先に到達するために選択するIP .
ビア:フィールドで構成された選択した宛先に到達するためのネクストホップ 、選択したホストは宛先へのパスを知っている必要があり、同じネットワーク内にある必要があります ソース.
優先:ルールの優先度の値。この値を使用して検証順序を変更でき、値が小さいほど優先度が高くなります。
アクション:このフィールドには、作成済みのルールを管理するためのアイコンが表示されます。内部システムによって作成されたデフォルトのルールには、アクションは表示されません。 利用可能なアクションは次のとおりです 編集。 すでに作成されているルートを変更できます。 削除:選択したルートを削除します。

ルーティングテーブルに加えて、このビューには、次のXNUMXつのグループに分類されたインターフェイスのグループが表示されます。 「マネージドインターフェース」 及び 「アンマネージドインターフェイス」、このオプションを使用すると、ユーザーは現在のルーティングテーブルによって管理されるインターフェイスを選択できます。管理されたインターフェイスは既知であり、現在のルーティングテーブルに使用されます。代わりに、管理されたインターフェイスに関連するネットワークにはルーティングテーブルが直接到達しますデフォルトゲートウェイを使用する方法。 何らかの理由で、このルーティングテーブルを介してネットワークインターフェイスに到達する必要がない場合は、インターフェイスをに移動する必要があります。 「アンマネージドインターフェイス」、この構成では、現在のルーティングテーブルでこのインターフェイスのルートが削除されます。

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事