通知::送信者

投稿者 Zevenet | 12年2016月XNUMX日

このセクションはアラートの設定に使用されます。ZenLoad Balancer v4.2は、アラートが検出されたときにEメールを介して顧客に通知を送信できます。近い将来、より多くの通知方法が含まれる予定です。

利用可能なフィールドは次のとおりです。

メールサーバー:メールを受信するSMTPサーバー。

メールユーザー:EメールアカウントはEメールの送信を許可されています。サーバーがSMTP認証を要求する場合、このアカウントが必要です。

パスワード::設定されたアカウントのパスワード。サーバーがSMTP認証を要求する場合、このパスワードが必要です。

から::Eメールを送信するEメー​​ルアカウント。このアカウントはSMTPヘッダーFrom:に表示され、受信者がEメールを返信した場合に使用されます。

TLSを有効にします。注:電子メールの送信に対してTLS検証を有効にします。このプロパティはSTARTTLSを使用し、この機能はSMTPサーバーでサポートされている必要があります。

注:TLSが有効になっていても、Eメールの送信に使用されるSMTPポートはTCP 25です。
注:顧客がクラスタサービスを使用している場合、この設定は両方のクラスタノードで実行する必要があります。

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事