TCPプロファイルファーム

投稿者 Zevenet | 24年2016月XNUMX日
警告! TCPプロファイルは推奨されていません。代わりにL4xNATプロファイルを使用してください。

TCP編集グローバルパラメータ

単純なTCPファームの特定のパラメータは次のとおりです。

ロードバランスアルゴリズム このフィールドには、現在のファームに設定できるさまざまな負荷分散アルゴリズムが表示されます。 4つのアルゴリズムが利用可能です。 サービスインフラストラクチャに不適切なアルゴリズムを選択すると、ロードバランサを介して多くのプロセッサが消費される可能性があります。 変更を適用するには、[変更]ボタンをクリックします。新しいアルゴリズムがファームを再起動せずにオンラインで適用されます。

ここでは、TCPプロファイルに使用可能なアルゴリズムについて簡単に説明しました。

ラウンドロビン - 平等な共有。 アクティブなすべての実サーバへのトラフィックの均等なバランス。 すべての着信接続に対して、バランサは次のラウンドロビン実サーバーにリクエストを配信するように割り当てます。

ハッシュ - スティッキークライアント。 ファームはIPクライアントごとにハッシュ文字列を作成し、そのハッシュからの各接続を同じ実サーバーに送信します。 実サーバーでハッシュテーブルが作成され、要求は次のアルゴリズムで割り当てられます。

index = cli%nサーバ

「index」が実サーバのハッシュテーブルのインデックスである場合、「cli」はIPアドレスの整数表現、「nServers」は使用可能な実サーバの数です。 このアルゴリズムはIPアドレスを介して持続性を作成する方法ですが、さまざまなサブネットのクライアントがあなたのサービス(たとえば国際サービス)にアクセスしている場合はより強力です。

重量 - 重量による連結線形発送。 重み値に応じて接続のバランスをとるため、実サーバーごとにこの値を編集する必要があります。 要求は、実際の接続を使用してすべてのサーバーの負荷を計算し、次に線形の重み割り当てを適用するためのアルゴリズムを介して配信されます。

優先度 - 利用可能な最も高い優先度への接続。 同じ最高優先順位のサーバーへのすべての接続のバランスをとります。 このサーバーが停止している場合、接続は次に高いサーバーに切り替わります。 このアルゴリズムを使用すると、複数の実サーバーでActive-Pasiveクラスターサービスを構築できます。

メモリを介したクライアントIPアドレスの永続化を有効にします。 すべてのアルゴリズムに対して、IPアドレスクライアントによる永続性を設定できます。 このオプションを有効にすると、同じIPアドレスを持つすべてのクライアントが同じサーバーに接続されます。 新しい着信接続は、アルゴリズムによって選択されたサーバに配信され、メモリテーブルに格納されます。 次回クライアントが接続されるときには、この同じサーバーに配信されます。 この動作はIPアドレスによる基本的な持続性を提供します。 変更を適用するには、変更ボタンを押して、ロードバランササービスのオンラインで変更されます。

ファーム内に記憶されているクライアントの最大数とクライアント時間。 これらの値は、クライアントのIPパーシスタンスを有効にした場合にのみ意味があります。 クライアントフィールドは、記憶することが可能となるクライアントの最大数に関するものであり、時間値は、このクライアントが記憶されるまでの最大寿命時間(最大クライアント年齢)である。 これらの値を変更するには、変更ボタンを押すとファームサービスが自動的に再起動されます。

バックエンドの応答タイムアウト。 実サーバーが要求に応答しなければならない最大秒数です。 バックエンドの応答が遅すぎる場合、サーバーはブラックリストに登録されたものとしてマークされます。 このパラメータの変更はTCPプロファイルにオンラインで適用されます。

仮想IPの最大同時接続数 仮想サービスが管理できるのは、確立された接続とアクティブなクライアントの最大値です。 このフィールドを変更すると、ファームは自動的に再起動されます。

実IPサーバーの最大数。 これは、ファームが構成できる実サーバーの最大数です。 この値を変更すると、ファームサービスは自動的に再起動されます。

httpリクエストにX-Forwarded-Forヘッダを追加します。 このオプションはHTTPヘッダX-Forwarded-Forが実サーバにipクライアントアドレスを提供することを可能にします。 この機能を変更するにはオンラインで適用されます。 デフォルトでは無効になっています。

復活したバックエンドをチェックするための気軽さ。 この秒単位の値は、ブラックリストに載っている実サーバーを取り出し、稼働しているかどうかを確認する期間です。 最初に成功した接続が完了するまで、バックエンドは稼働状態になりません。 このパラメータの変更はTCPプロファイルにオンラインで適用されます。

farmguardianを使ってバックエンドサーバーをチェックします。 このチェックボックスをオンにすると、バックエンドのより高度なモニタリング状態が有効になり、独自のスクリプト用に完全にパーソナライズされます。 farmguardianが問題を検出すると、自動的に実サーバーが無効になり、ブラックリストに登録されます。 これは独立したサービスなので、ファームサービスを再起動する必要はありません。 このサービスの詳細については、FarmGuardianのセクションをご覧ください。

 

TCP EDIT REAL SERVERSの設定

TCPファームでは、次のプロパティを設定できます。

最大接続数。 これは、現在の実サーバーが受信できる最大同時接続数です。 この値は、Global ParametersのMaxクライアントよりも小さくなければなりません。

重量。 これは現在の実サーバーのウェイト値で、ウェイトアルゴリズムが有効になっている場合にのみ役に立ちます。 重み値が大きいほど、現在のバックエンドに配信されている接続が多いことを示します。

優先。 これは現在の実サーバーの優先順位の値で、Priority Algorithmが有効になっている場合にのみ役に立ちます。 受け入れられる優先順位の値は1と9の間です。値が小さいほど、現在の実サーバーに対する優先順位が高いことを示します。

とともに [実サーバを保存]ボタンをクリックすると、新しい設定が適用されます。または、キャンセルすることもできます。 ボタンによるプロセス。 結果を示すメッセージが表示されます。

実サーバーの設定が入力されると、設定を編集することができます。 編集ボタンを押して、設定を削除します。 実サーバの削除ボタン 現在のサーバーへのリクエストの送信を停止するためにバックエンドのメンテナンスモードを有効にします。 選択したサーバーに要求を送信するために再度開始するために、現在のバックエンドのメンテナンスモードを無効にします。

サーバーインデックスは、現在のファームの実サーバー構成を識別するのに役立ちます。
TCPプロファイルの実サーバ設定の変更はオンラインで適用され、再起動アクションは不要です。

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事