システム| クラスタ

投稿者 Zevenet | 19年2017月XNUMX日

このセクションでは、2つの協調ノードを介してロードバランシングサービスに高可用性を提供するクラスタリングサービスを管理できます。 アクティブパッシブ モード。

クラスタは主に、バックエンドサービスを常に利用可能に維持し、クライアントの観点からサービスのダウンタイムを回避するために連携して動作するデバイスの2ノードグループです。 通常、あります マスター 及び スレーブ アクティブ - パッシブモードでの役割:マスターは現在バックエンドへのサービストラフィックを管理し、クライアントからの接続を受け入れるノードです。バックアップノードはサービスを起動する準備ができるようにすべての設定をリアルタイムで認識しています。マスターノードが正しく応答していないことを検出した場合

ロードバランシングサービスがあるノードから別のノードに切り替えられると、バックアップノードは、クライアントがサービスを中断することを回避するために、現在のすべての接続とサービスステータスを自動的に処理します。

クラスタサービスを構成する

これはクラスタを設定するメインページです。 クラスタリングは、次のようないくつかのサービスによって構成されています。

同期。 このサービスでは、マスターノードで行われた設定を自動的にスレーブモードに同期させることができるので、設定で行われたすべての変更はスレーブノードに複製され、必要なときはいつでも制御を受ける準備ができます。 このサービスは inotify 及び rsyncSSH リアルタイムで設定ファイルを同期するため。
心拍。 このサービスでは、ノードが正常に動作していないときにすばやく検出するために、それらすべてのクラスタノードの正常性状態を確認できます。 このサービスは、軽量でリアルタイムの通信になるように設計されたマルチキャストを介したVRRPプロトコルに依存しています。 Zevenet 5が使用します 生き続ける このサービスを提供するために。
接続トラッキング。 このサービスでは、接続とその状態をリアルタイムで複製して、バックアップノードがフェイルオーバー中にすべての接続の状態を再開できるようにすることで、クライアントとバックエンドの接続が接続の中断を検出しないようにします。を使用して コンコースラック.
コマンド複製。 このサービスは、マスターノードで適用された設定をスレーブに送信してアクティブにすることを許可しますが、フェイルオーバータスク中にスレーブが制御を引き継ぎ、すべてのネットワーキング、ファームを起動し、接続を再開するため可能。 このサービスはによって管理されています zclustermanagerSSH.

zevenetシステムクラスタ

世界 クラスタ 構成は将来のマスターノードから開始する必要があり、作成するには次のデータが必要です。

クラスタローカルIP。 クラスタサービスを作成できる場所から利用可能なすべてのネットワークインタフェースをドロップします。仮想インタフェースは許可されません。
クラスタリモートIP。 将来のスレーブノードとして動作するノードのリモートIPアドレス。
クラスタリモートルートパスワード。 リモート(将来のスレーブ)ノードのルートユーザーのパスワード。
リモートルートパスワードの再入力。 パスワードを繰り返して、正しいパスワードであることを確認します。

すべての要求された情報を設定した後にクリックしてください データドリブン ノード間の通信があり問題が発生していない場合は、クラスタサービスが正しく設定されていることを示すボタンと確認メッセージが表示されます。

クラスタサービスを表示

もし クラスタサービス すでに設定されてアクティブになっている場合、クラスタはサービス、バックエンド、およびそれを管理するためのアクションに関する以下の情報を表示します。

zevenetシステムクラスタが設定されている

INTERFACE。 クラスタサービスが構成されている場所からのネットワークインターフェイス。
FAILBACK。 フェイルオーバー中に負荷分散サービスが再び使用可能になったときにマスターに戻すか、現在のノードを新しいマスターとして維持するかを設定します。 このオプションは、スレーブノードにマスターよりも割り当てられたリソースが少なく、最後のノードがサービスの優先マスターである必要がある場合に役立ちます。
区間をチェック。 ハートビートサービスがノード間のステータスをチェックするために使用する時間チェック。
ACTIONS。 どこからネットワークインターフェイス。

  • 構成。 利用可能ないくつかのクラスタ設定を変更します。
  • 未設定。 特定のノード間のクラスタを無効にします。
  • ノードを表示。 テーブルノードとそのステータスを表示します。
  • リロード。 ノードテーブルとそのステータスを更新します。

世界 ノードを表示 actionは以下のテーブルを表示します。

zevenetシステムクラスタ表示ノード

NODE。 クラスタのすべてのノードについて、それが ローカル or リモート。 WebGUIを介して接続したノードによって異なります。 ローカル 現在接続しているノードになり、 リモート もう一方のノードです。
ROLE。 クラスタのすべてのノードについて、それが マスター, バックアップ (としても知られている スレーブ)または メンテナンス ノードが一時的に無効になっている場合。 これは、ノードがクラスター内で持つ役割によって異なります。
IP。 クラスタを構成するすべてのノードのIPアドレス。
ホスト名。 クラスタを構成するすべてのノードのホスト名。
ステータス。 ノードのステータスは レッド 失敗した場合 グレー ノードにアクセスできない、または構成されていない場合 オレンジ メンテナンスモードの場合、または グリーン それがすべて正しい場合。
MESSAGE。 リモートノードからのメッセージ。クラスター内のすべてのノードのデバッグメッセージです。
ACTIONS。 各ノードで利用可能なアクションは次のとおりです。

  • メンテナンス。 メンテナンスタスクを実行し、フェールオーバーを回避するために一時的にクラスタノードを無効にするには、メンテナンスモードにします。
  • 開始。 保守作業の後、クラスタノードを再度オンラインにします。
  • リロード。 クラスタノードのステータスを更新します。

Webパネルの上部には、クラスターローカルノードのステータスの概要が表示されます。 たとえば、ステータスグリーンとロールマスター:

zevenetシステムクラスタノードステータスマスタ

他の例としては、オレンジ色の状態と保守の役割があります。

zevenetシステムクラスタノードのステータス管理

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事