ネットワーク| ボンディング 作成する

投稿者 Zevenet | 29年2017月XNUMX日

このセクションでは、ボンディングインターフェイスの作成方法と利用可能なさまざまなオプションについて説明します。

ボンディングを作成

ボンディングインターフェースを作成するための詳細なオプションを以下に示します。

zevenetネットワークボンディング作成

お名前。 新しいボンディングインターフェースのシステム名
モード。 サポートされているモードは以下のとおりです。

  • ラウンドロビンポリシー。 最初の使用可能なスレーブから最後のスレーブまで順番にパケットを送信します。 このモードは負荷分散とフォールトトレランスを提供します。
  • アクティブバックアップポリシー。 結合内の1つのスレーブだけがアクティブです。 アクティブなスレーブが失敗した場合に限り、別のスレーブがアクティブになります。 スイッチの混乱を避けるために、ボンドのMACアドレスは1つのポート(ネットワークアダプタ)でのみ外部から見えます。 このモードはフォールトトレランスを提供します。 主なオプションはこのモードの動作に影響します。
  • XORポリシー。 送信元MACアドレスと送信先MACアドレスとのXORをもとに送信します。 これにより、各宛先MACアドレスに同じスレーブが選択されます。 このモードは負荷分散とフォールトトレランスを提供します。
  • 放送ポリシー。 すべてのスレーブインターフェイス上のすべてのものを送信します。 このモードはフォールトトレランスを提供します。
  • EEE 802.3ad LACP。 同じ速度と二重設定を共有する集約グループを作成します。 802.3ad仕様に従って、アクティブアグリゲーター内のすべてのスレーブを使用します。 前提条件:
    • 1 各スレーブの速度とデュプレックスを取得するためのベースドライバでのネットワークインタフェースのサポート。
    • 2 IEEE 802.3adダイナミックリンクアグリゲーションをサポートするスイッチ。 ほとんどのスイッチは、802.3adモードを有効にするためにある種の設定を必要とします。
  • 適応送信ロードバランシング特別なスイッチサポートを必要としないチャネルボンディング。 発信トラフィックは、各スレーブの現在の負荷(速度に対して計算されたもの)に従って分配されます。 着信トラフィックは現在のスレーブによって受信されます。 受信側スレーブに障害が発生した場合、別のスレーブが障害のある受信側スレーブのMACアドレスを引き継ぎます。 前提条件:各スレーブの速度を取得するためのベースドライバのサポート。
  • 適応型ロードバランシング。 IPV4トラフィック用のアダプティブ送信ロードバランシングと受信ロードバランシングが含まれており、特別なスイッチサポートは不要です。 受信ロードバランシングはARPネゴシエーションによって実現されます。 ボンディングドライバは、ローカルシステムから送信されたARP応答を途中で傍受して、ボンディング内の1つのスレーブの一意のハードウェアアドレスで送信元ハードウェアアドレスを上書きし、異なるピアがサーバーに異なるハードウェアアドレスを使用するようにします。

奴隷。 新しいボンディングインターフェースの一部となる未使用のNICインターフェースの選択。

必要な変更がすべて終わったら、を押します。 アップデイト 新しいボンディングインターフェースを作成するためのボタン。

いくつかの注意:

  • インターフェイスのMACアドレスを復元するには、指定したインターフェイスを使用しているボンディングインターフェイスを削除する必要があります。 次に、ボンディングドライバは、メンバインタフェースがボンディングインタフェースに追加される前に、それらが持っていたMACアドレスを復元します。
  • ボンディングMACアドレスは、その最初のメンバーデバイスから取得されます。
  • 同じメンバーインタフェースは、1つのボンディングインタフェースにのみ存在できます。
  • 1つのインターフェースがボンディングインターフェースの一部である場合、このインターフェースはロックされます。
  • ボンディングインターフェースを作成した後は、ボンディングモードを変更できませんが、メンバーインターフェースは必要に応じてボンディングインターフェースで追加または削除できます。
上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事