ネットワーク| 仮想インターフェース| 作成する

投稿者 Zevenet | 21年2017月XNUMX日

このセクションでは、仮想インタフェースの作成方法と利用可能なさまざまなオプションについて説明します。

仮想インタフェースを作成する

仮想インターフェースを作成するための詳細なオプションの下を見つけてください。

zevenetネットワーク仮想インターフェース作成

親インターフェース。 を設定 NIC, ボンディング or VLAN 親としてのインターフェイス 仮想インタフェース 設定されます。
お名前。 新しい人を識別するための名前を設定してください 仮想インタフェース、名前はの名前で始まります 親インターフェース その後に使用される仮想インターフェース名IDが続き、それらはコロン文字で区切られます。
アドレス。 新しい仮想インタフェースにIPv6アドレスを設定します。 ネットマスクとゲートウェイは、親インターフェースから継承されます。

必要な変更がすべて終わったら、を押します。 データドリブン 新しい仮想インタフェースを作成するためのボタン。

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事