ネットワーク| ボンディング

投稿者 Zevenet | 28年2017月XNUMX日

ボンディング インタフェース(リンクバンドリング、ポートトランキング、チャネルボンディング、リンクアグリゲーション、NICチーミングなどとも呼ばれる)では、複数の物理ネットワークインタフェースを結合して1つの論理ネットワークインタフェースとして機能させることができます。 この種のインターフェースは、複数のNICのスループットの集約または追加、NIC層でのそれらの間のロードバランシング、およびボンディングを構築するNIC間のフェイルオーバーを可能にする冗長性を提供できます。

結合構成の2つの異なる使用例の例を以下に示します。

zevenetネットワークボンディングリンクアグリゲーションと冗長性

このセクションでは、ボンディングインターフェイスを設定および操作する方法について説明します。

ボンディングインターフェース表

この表はシステムで設定されたすべてのボンディングネットワークインターフェイスをリストしたものです。

zevenetネットワークボンディングリスト

NAME。 ボンディングインターフェースのシステム名。
ADDRESS。 特定のインターフェイスに割り当てられているIPアドレス。
マック。 特定のボンディングに割り当てられているMACアドレス。
ネットマスク。 ボンディングに割り当てられたネットワークマスク。
GATEWAY。 ボンディングで使用されるデフォルトゲートウェイ。
ステータス。 特定のボンディングのステータス、利用可能な値は次のとおりです。 グリーン 結合が起きている場合 レッド ボンディングが落ちている場合。
ACTIONS。 テーブル内のすべてのボンディングに対して使用可能なアクションは次のとおりです。

  • インターフェースを作成する。 新しいボンディングインターフェースを作成する必要があります。
  • 削除。 設定を解除し、ボンディングインターフェースを削除します。 ボンディングインターフェースが消え、スレーブインターフェースが再び利用可能になります。
  • 編集。 IPアドレス、ネットマスク、ゲートウェイなどのインターフェース設定を変更します。
  • 持ってくる。 インターフェイスを設定し、トラフィックを受け入れるように設定します。
  • 倒す。 インターフェイスを設定してトラフィックの受け入れを停止します。
  • 未設定。 インターフェイス設定を削除します。
  • クラスタ。 このインターフェイスは同期およびハートビートプロセスのためにクラスタサービスで使用されるため、アクションは許可されません。 このインターフェイスを変更するには、クラスタサービスを無効にする必要があります。

アクションは、複数選択オプションを介して、選択されたすべての結合で一括して実行されます。

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事