DSLB | 農場| 更新

投稿者 Zevenet | 8年2017月XNUMX日

DSLBファームのグローバル設定

DSLBファームを構成するための唯一のグローバル設定は以下のとおりです。

zevenet dslbグローバル設定

お名前。 これは、ファームサービスの識別フィールドと説明です。 この値を変更するには、最初にファームを停止する必要があります。 新しいファーム名がまだ使用されていないことを確認してください。使用されていない場合は、エラーメッセージが表示されます。

仮想IP。 これは、ファームがバインドされ、ロードバランサの着信接続を受け入れる仮想IPアドレスです。 これらのフィールドを変更するには、新しい仮想IPが使用されていないことを確認してください。 変更を適用するために、ファームサービスは自動的に再起動されます。

DSLBファーム向けサービス

アップリンクロードバランシング用に作成されたサービスには、データパスと接続の動作を管理するために設定する次のオプションがあります。

zevenet dslbサービスロードバランシング

ロードバランスアルゴリズム。 このフィールドは、バックエンドとして使用されるルータを決定するために使用されるロードバランシングアルゴリズムを指定します。 デフォルトでは、重みアルゴリズムがデフォルトの選択されたアルゴリズムになります。

  • 重量:重量による連結線形発送。 各バックエンドに割り当てられている重み値に応じて接続のバランスを取ります。 要求は、定義された重みを使用して確率的アルゴリズムを使用して配信されます。
  • 優先:常に利用可能な最もprioへの接続。 同じ最高優先順位のサーバーへのすべての接続のバランスをとります。 最初のサーバーが停止している場合、接続は次に優先順位の高いサーバーに切り替わります。 このアルゴリズムを使用すると、実サーバーでアクティブ - パッシブクラスターサービスを構築できます。

また、 バックエンドセクションDSLBファームプロファイルでは、次の実サーバープロパティを設定できます。

zevenet dslb routerバックエンド

ID。 ファーム構成のバックエンドを参照するのはインデックスです。
IP。 DSLBの場合、与えられたバックエンドのIPアドレスはルータのIPアドレスになります。
ローカルインターフェース。 特定のルータがロードバランサに接続されているネットワークインタフェースです。
重量。 これは現在の実サーバーのウェイト値で、ウェイトアルゴリズムが有効になっている場合にのみ役に立ちます。 重み値が大きいほど、現在のバックエンドに配信されている接続が多いことを示します。 デフォルトでは、重み値1が設定されます。 使用可能な値の範囲は1から9です。
PRIORITY。 これは現在の実サーバーの優先順位の値で、Priority Algorithmが有効になっている場合にのみ役に立ちます。 受け入れられる優先順位の値は0と9の間です。値が小さいほど、現在の実サーバーに対する優先順位が高いことを示します。 デフォルトでは、優先順位の値1が設定されます。 使用可能な値の範囲は1から9です。
ACTION。 バックエンドごとに利用可能なアクションは以下のとおりです。

  • バックエンドを追加。 新しい実サーバーをファームに追加します。
  • セールで節約。 指定したファームに新しい実サーバーのエントリを保存して、使用を開始します。
  • キャンセル。 新しい実サーバエントリをキャンセルします。
  • 削除。 仮想サービスの特定の実サーバーを削除します。
  • 編集。 実サーバの特定の値を変更してください。
上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事