LSLB | 農場

投稿者 Zevenet | 12年2017月XNUMX日

このセクションの下であなたは管理することができるでしょう LSLB (ローカルサービスロードバランシング、主にTCP / UDP / SCTP / HTTP / HTTPSベースのアプリ)ファームモジュール。

アクションサブメニューボタン

スルー アクション メニューボタンは、選択したファームで次のアクションを使用できます。

lslbファームアクション

  • ファームを作成する。 LSLBモジュールによって管理される新しいファームを作成します。利用可能なファームプロファイルはhttp、https、またはl4xnatです。
  • 再起動。 LSLBモジュールでファームサービスを停止して再開します。利用可能なファームプロファイルはhttp、https、またはl4xnatです。
  • 停止。 この操作により、選択したファームサービスが停止します。
  • 開始。 この操作により、選択したファームサービスが開始されます。
  • 削除。 このアクションはサービスを停止し、ファーム構成と履歴接続統計を削除します。

アクションは、選択されたすべてのファームで一括して実行されます(複数選択可能)。

コンテンツテーブル

すべての農場の資産を含む農場のリスト。

lslb http tcp lbファームリスト

ファームごとに表示されるフィールドは以下のとおりです。

NAME。 ファームのわかりやすい名前。この値は、作成されたすべての仮想サービスで一意になります。
プロフィール。 特定のファーム用に構成されたプロファイル、LSLBモジュールで使用可能なプロファイルは、http、https、およびl4xnatです。
仮想IP。 トラフィックを管理しているIPアドレス。これは、クラスターの別のノードに移動できる仮想IPとも呼ばれます。
バーチャルポート。 トラフィックを管理しているポートは、仮想ポートとしても使用されています。
ステータス。 特定のファームのステータス、利用可能な値は次のとおりです。 UP (緑色の弾丸) ダウン (赤い箇条書き)または 再起動が必要です (オレンジ色の弾丸) ステータスがUPの場合、ファームは実行中で、設定済みの仮想IPとPORTのトラフィックを管理できます。 ステータスがDOWNの場合、ファームは停止し、着信接続は拒否されます。 ステータスが[再起動が必要]になっているにもかかわらず、ファームに変更があっても適用されない場合は、新しい変更を適用するために再起動が必要です。
ACTIONS。 テーブル内のすべてのファームで利用可能なアクション/アイコンは次のとおりです。

  • 編集。 この仮想サービスまたはファームの基本オプションと詳細オプションを変更し、新しいサービスを作成してバックエンドに変更を適用します。
  • 再起動。 ファームは自動的に停止して起動します。
  • 停止。 この操作は、ファームが実行中で、ボタンを押すとこのファームで管理されているすべてのトラフィックがドロップされる場合にのみ使用できます。 PORTはリリースされるので、他のプロファイルで使用できるようになります。
  • 開始。 このアクションは、ファームが停止されている場合にのみ利用可能です。サービスは設定されたIPとPORTにバインドされ、それらを通るトラフィックはファームによって処理されます。
  • 削除。 ファームが停止し、すべての設定ファイルが削除されます。 IPとPORTは、他のファームで使用できるようにリリースされます。

次の一歩、 LSLBファームを作成する.

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事