LSLB | 統計| バックエンド

投稿者 Zevenet | 2年2017月XNUMX日

このセクションは 設立 及び ペンディング バックエンドごとの接続数

また、ファームがのインスタンスである場合 HTTP プロファイル、追加のテーブルには セッション そのようなセッションの要求を処理するクライアントIPとバックエンドを確立して表示します。

バックエンド接続統計のさまざまなフィールドは次のとおりです。

  • サービス。 ファームサービス名が参照されています。
  • ID。 サービスバックエンドのインデックス。
  • IP。 バックエンドのIPアドレス。
  • PORT。 バックエンドのPORT。
  • ステータス。 バックエンドの現在のステータス。
  • 確立されたCONNS。 指定されたバックエンドへの現在確立されている接続数。
  • 保留中の会議。 指定されたバックエンドへの現在保留中の接続数

バックエンドセッション統計のさまざまなフィールドは次のとおりです。

  • クライアント。 クライアントテーブルセッションインデックス。
  • ID。 クライアントに関連付けられているファームバックエンドインデックス。
  • サービス。 クライアントセッションに関連付けられているファームサービス名。
  • セッションID。 バックエンドに関連付けられているクライアントIPアドレス。

zevenet lslb lb adcファーム統計バックエンド

既定では、このセクションの統計には現在のファームについて表示されている情報のサンプルが1つ表示されますが、10、30、60、および120の基準秒数を構成することもできます。

 

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事