LSLB | SSL証明書 CSRを生み出す

投稿者 Zevenet | 1年2017月XNUMX日

セクション SSL証明書 LSLBファームに含まれる CSRを生成する を作成するために必要な詳細を含むフォームにつながる CSR (証明書署名要求)ファイル。

lslbはcsr証明書を作成します

必要な詳細は以下のとおりです。

  • 証明書名:将来証明書を識別するために、証明書に名前を付けます。 これは、拡張子のないCSRファイル名になります。
  • 地域:組織が所在する市。
  • :組織が所在する国(ISO alpha-2、2文字のコード、例:US)。
  • 州/地方:組織が所在する都道府県。
  • 一般名: FQDN 認証対象のサーバー、ホスト名、またはワイルドカード名。 例: domain.com, mail.domain.comまたは * .domain.com.
  • 組織:あなたの組織/会社の正式な正式名称。 例: グーグル社.
  • 除算あなたの部署 「IT部門」、「Web」、「オフィス」など。
  • 電子メールアドレス:あなたの連絡先メールアドレス。

CSRファイルが生成されたら、このロードバランサアプライアンスまたはインスタンスに対して信頼できる証明書を発行できます。

次の一歩、 SSL証明書をアップロードする.

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事