LSLB | SSL証明書

投稿者 Zevenet | 31年2017月XNUMX日

このセクションでは、HTTPプロファイルとHTTPSリスナーを備えたLSLBファームで使用し、SSLオフロード仮想サービスとして動作するためにロードバランサーにインストールされた安全な証明書を一覧表示します。 SSL 及び CSR.

lslb ssl証明書を管理する

証明書リストには次の詳細が含まれています。

  • 一般名。 ワイルドカード証明書の単一のホスト名またはワイルドカード名。
  • 種類。 証明書ファイルの種類。 「証明書」または「CSR」の場合があります。
  • フィレット。 証明書の名前は.pemまたは.csr拡張子で終わり、将来証明書を識別するための説明テキストです。
  • 発行者。 証明書に署名した認証局。 これはCSRファイルには適用されません。
  • で作成された。 この日付から、証明書はアクティブになります。 CSRファイルの場合、は要求が行われた日付です。
  • 期限切れ。 証明書が期限切れになる日付です。 CSRファイルには適用されません。

そして、これらは選択されたすべてのものにバッチで適用することができる証明書に関連するアクションです:

lslb ssl証明書アクション

  • 証明書をアップロードする。 証明書ファイルをPEM形式でアップロードするためのフォームを表示します。
  • CSRを創造する。 CSRファイルの生成に必要な詳細を含むフォームを表示してください。
  • ダウンロード。 選択した証明書をダウンロードしてください。
  • 削除。 選択した証明書を削除してください。
  • SSL証明書を購入する。 SSL証明書プロバイダにアクセスしてください。

さらに詳しい情報:
PEM形式で証明書を作成する
堅牢なDiffie-Hellman鍵の生成は重要です

次の一歩、 CSR証明書を生成する.

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事