ネットワーク| フローティングIP

投稿日: 15 年 2018 月 XNUMX 日

フローティングIP 仮想インターフェイスからのIPアドレスを使用して、NIC、VLAN、またはボンディングインターフェイスを介していて、あるクラスタノードから別のクラスタノードにあるにもかかわらず、アウトバウンドトラフィックを偽装します。 そのため、クラスターのフローティングIPを介して作成されたサービスを、クライアントやバックエンド接続に影響を与えることなく、あるノードから別のノードに透過的に切り替えることができます。

浮動IPテーブル

この表はシステムで設定されるすべてのフローティングIPおよびフローティングIPが設定されることができる利用可能な親インターフェイスをリストしたものです。

zevenetネットワークフローティングIP

INTERFACE。 親インターフェースの名前。これは、物理NIC、VLAN、またはボンディングインターフェースです。 角かっこ内に定義されている場合は、そのインタフェースのエイリアスが表示されます。
仮想インターフェース。 指定されたフローティングipに関連付けられている仮想インターフェイスの名前。角カッコ内には、定義されている場合はその仮想インターフェイスのエイリアスが表示されます。
浮動IP。 クラスタノード間のFloating IPとして定義されている仮想インタフェース。
ACTIONS。 テーブル内のフローティングIPに使用できるアクションは次のとおりです。

  • 構成。 特定の親インターフェースにFloating IPを割り当てます。 親ごとに設定できるフローティングインターフェイスは1つだけです。
  • 未設定。 設定を解除し、フローティングIPを削除します。

スルー アクションメニュー 最初の列のチェックボックスを通して選択されたインターフェースに対して前のアクションが利用可能です。

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事