設定::インターフェース

投稿者 Zevenet | 24年2016月XNUMX日

このセクションは、Zen Load Balancerのメインネットワーク設定パネルです。ここには、物理​​、仮想、vlan、ボンディングインターフェイスのネットワークインターフェイステーブル、およびデフォルトゲートウェイ設定フィールドが表示されます。

インターフェース表

[Interfaces Table]に、ZenLBのインストール後にシステムにインストールされているすべての物理ネットワークインタフェースが表示されます。 各テーブルフィールドの意味は次のとおりです。

お名前。 これは現在のインタフェースの名前であり、一意になります。 仮想インターフェイスはインターフェイス名内のコロン「:」文字で識別されます。一方、vlanはインターフェイス名内のドット「。」文字で識別されます。これがvlanタグになります。

Addr。 現在のネットワークインタフェースのipv4形式のIPアドレスです。

HWAddr。 現在のネットワークインターフェースのMAC物理アドレスです。 仮想ネットワークインターフェイスとvlanネットワークインターフェイスは、親の物理インターフェイスと同じMACアドレスを持ちます。

ネットマスク。 これはネットワークインタフェースのネットマスクで、現在のインタフェースに対するネットワークのサブネットを定義します。

ゲートウェイ。 これは現在のネットワークインターフェースのゲートウェイです。 ZenLBは、物理ネットワークインターフェイスまたはVLANネットワークインターフェイスごとに独立したルートテーブルを処理できます。 仮想インターフェイスは常に、親の物理インターフェイスまたはVLANインターフェイスからゲートウェイを継承します。

状態。 緑色の点はインターフェースが稼働中であることを意味し、赤色の点はインターフェースが停止中であることを意味します。

アクション。 アクションアイコンは、現在のネットワークインタフェースに変更を適用するために使用されます。 特定のアクションを適用すると、1つ以上のネットワークインターフェイスに影響を与える可能性があります。

ダウンインターフェース。 現在のインタフェースを無効にします。

アップインターフェース。 現在のインタフェースを有効にします。

インターフェースを編集。 現在のネットワークインタフェース設定を変更します。
変更を適用するには、を押します。 セーブ&アップ! ボタン。

仮想インターフェースを追加。 現在のネットワークインターフェイスから継承した新しい仮想インターフェイスを追加します。
新しい仮想インターフェースを作成すると、仮想インターフェースの識別を確立するために使用されるコロン「:」文字を含むフィールドが表示されます。 IPアドレスは、親インターフェースと同じサブネットの下になければなりません。

変更を適用するには、をクリックする必要があります。 保存ボタン を押す 変更を拒否するには、[キャンセル]ボタンをクリックします。 VLANインターフェイスを追加する。 現在のネットワークインターフェイスから継承した新しいvlanインターフェイスを追加します。
新しいvlanインターフェイスを作成すると、vlanインターフェイスの識別を確立するために使用されるドット「。」文字を含むフィールドが表示されます。 IPアドレスは、親インターフェイスとは異なる可能性があります。

変更を適用するには、を押す必要があります。 保存ボタン を押す 変更を拒否するには、[キャンセル]ボタンをクリックします。

インターフェースを削除。 可能であれば、このアクションは現在のインタフェースを無効にして削除します。

一部のアクションがロックされています。 このアイコンは、一部のアクションが一時的にロックされ無効になっていることを意味します。 この動作のいくつかの理由は次のとおりです。

GUIサービスは特定のインターフェースにバインドしています。 この場合、ホームアイコンが表示され、アクセスできないzen Web GUIが生成される可能性がある悪い設定から保護するために一部のアクションが無効になっています。

行動をやり直すためには、 設定::サーバー GUIサービスをセクションに分割してすべてのインタフェースにバインドし、最後にGUIサービスを再起動します。
クラスタ構成。 この場合、クラスタは設定されており、インターフェイス設定はクラスタが無効になっている場合にのみ有効になります。

デフォルトゲートウェイ

システムのデフォルトゲートウェイは、Defatulゲートウェイテーブルを介して確立できます。

このフィールドを変更するには、を押します。 編集ボタンをクリックして、ゲートウェイアドレスとインタフェースを入力します。

新しい設定を適用するためには押して下さい 保存ボタンまたは 変更を拒否するには、[キャンセル]をクリックします。

デフォルトゲートウェイを削除するには、を押します。 削除ボタン

ボンディングインターフェース表

このテーブルは、Zen LoadBalancerのボンディング構成を管理します。 Linuxボンディングインターフェイス、またはトランクとして別のベンダーから呼び出されることで、複数のネットワークインターフェイスを単一の論理的な「ボンディング」インターフェイスに集約する方法が提供されます。 結合されたインターフェースの動作はモードによって異なります。ZenLoadBalancerは次の方法をサポートしています。

ラウンドロビンポリシー 最初の使用可能なスレーブから最後のスレーブまで順番にパケットを送信します。 このモードは負荷分散とフォールトトレランスを提供します。

アクティブバックアップポリシー ボンド内のXNUMXつのスレーブのみがアクティブです。 アクティブなスレーブに障害が発生した場合にのみ、別のスレーブがアクティブになります。 ボンドのMACアドレスは、スイッチの混乱を避けるために、XNUMXつのポート(ネットワークアダプター)でのみ外部に表示されます。 このモードはフォールトトレランスを提供します。 主なオプションは、このモードの動作に影響します。

XORポリシー: 送信元MACアドレスと宛先MACアドレスのXORに基づいて送信します。 これにより、宛先MACアドレスごとに同じスレーブが選択されます。 このモードは、ロードバランシングとフォールトトレランスを提供します。

放送ポリシー: すべてのスレーブインターフェイス上のすべてのものを送信します。 このモードはフォールトトレランスを提供します。

IEEE 802.3ad LACP: 同じ速度と二重設定を共有する集約グループを作成します。 802.3ad仕様に従って、アクティブアグリゲーター内のすべてのスレーブを利用します。

前提条件:

1 各スレーブの速度とデュプレックスを取得するためのベースドライバでのネットワークインタフェースのサポート。

2 IEEE 802.3adダイナミックリンクアグリゲーションをサポートするスイッチ。 ほとんどのスイッチは、802.3adモードを有効にするためにある種の設定を必要とします。

適応型送信ロードバランシング 特別なスイッチサポートを必要としないチャネルボンディング。 発信トラフィックは、各スレーブの現在の負荷(速度に対して計算されたもの)に従って分配されます。 着信トラフィックは現在のスレーブによって受信されます。 受信側スレーブに障害が発生した場合、別のスレーブが障害のある受信側スレーブのMACアドレスを引き継ぎます。

前提条件:

各スレーブの速度を取得するためのベースドライバのサポート。

適応型ロードバランシング IPV4トラフィック用のアダプティブ送信ロードバランシングと受信ロードバランシングが含まれており、特別なスイッチサポートは不要です。 受信ロードバランシングはARPネゴシエーションによって実現されます。 ボンディングドライバは、ローカルシステムから送信されたARP応答を途中で傍受して、ボンディング内の1つのスレーブの一意のハードウェアアドレスで送信元ハードウェアアドレスを上書きし、異なるピアがサーバーに異なるハードウェアアドレスを使用するようにします。

注意:

インターフェイスのMACアドレスを復元するには、特定のインターフェイスを使用しているボンディングインターフェイスを削除する必要があります。 次に、ボンディングドライバは、メンバインタフェースがボンディングインタフェースに追加される前に、メンバインタフェースが持っていたMACアドレスを復元します。

ボンディングMACアドレスは、その最初のメンバーデバイスから取得されます。

同じメンバーインタフェースは、1つのボンディングインタフェースにのみ存在できます。

1つのインタフェースがボンディングインタフェースの一部である場合、このインタフェースはロックされます。

ボンディングインターフェースを作成した後は、ボンディングモードを変更できませんが、メンバーインターフェースは必要に応じてボンディングインターフェースで追加または削除できます。

「ボンドテーブル」には、次のパラメータが表示されます。

結合を追加します。 このボタンで新しいボンディングインターフェースを設定することができます。

お名前: この列にボンディングインターフェースの新しい名前を入力します。

モード:ボンディングインターフェイスに必要なモードを選択します。ラウンドロビン、アクティブバックアップ、XOR、ブロードキャスト、LACP、アダプティブ送信ロードバランシング、およびアダプティブロードバランシングの6モードがサポートされます。

メンバー: ボンディングインターフェースを作成した後に新しいメンバーを追加したい場合は、ノードバックアップで同じアクションを実行するか(クラスターが構成されている場合)、新しい再起動を待つ必要があります。バックアップに新しいメンバーインターフェースを自動的にボンディングに追加します。 この列には、まだ設定されていないインターフェイス、別のボンディングのメンバーではないインターフェイス、およびステータスが停止中のインターフェイスだけが表示されます。例を次に示します。 ボンディングインターフェースは、最初のメンバーインターフェースのMACを使用します。ボンディングのメンバーインターフェースを削除したい場合は、これを考慮してください。

変更を適用するには、を押す必要があります。 保存ボタン を押す 変更を拒否するには、[キャンセル]ボタンをクリックします。

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事