GSLBプロファイルファーム

投稿者 Zevenet | 24年2016月XNUMX日

GSLB編集グローバルパラメータ

このパネルでは、ファームのパフォーマンスと仮想サービスのカスタム機能を向上させるためのパラメーターを設定できます。 ザ・ ファームアクションを編集 プロパティは、ファームの作成時に選択したプロファイルタイプによって異なります。

グローバルサービスロードバランシングは、一般にGSLBと呼ばれ、DNSサービスの階層アーキテクチャに基づいてロードバランシングサービスを作成することを可能にします。 この種のファームは、DNSアプリケーション層で信頼できるDNSだけに負荷分散アルゴリズムとサービス状態検出を提供します。

便利なGSLBファームをセットアップするには、少なくともXNUMXつのサービスとXNUMXつのゾーンを作成する必要があります。 詳細は以下をご覧ください。

GSLBファームプロファイルは、配布パネルに次のパラメータを提供します。

農場の名前。 これは、仮想サービスの識別フィールドと説明です。 この項目を変更するには、名前フィールドを変更して、[変更]ボタンを押す必要があります。 この操作を適用すると、負荷分散サービスが自動的に再開されます。 新しいファーム名が使用可能であることを確認してください。別の場合は、エラーメッセージが表示されます。

ファーム仮想IPと仮想ポート。 これらは、ファームの仮想サービスがロードバランサシステム内でバインドおよびリスンする仮想IPアドレスまたは仮想ポート、あるいはその両方です。 これらのフィールドを変更するには、新しい仮想IPと仮想ポートが使用されていないことを確認してください。 変更を適用するために、ファームサービスは自動的に再起動されます。

サービスとアルゴリズムを追加します。 GSLBサービスは、実サーバーのグループと、それらに使用される関連アルゴリズムを表します。 新しいサービスを作成するには、有効な識別名と使用するアルゴリズムを設定する必要があります。 サービスを作成するには、「追加」ボタンをクリックしてください。

ラウンドロビン:平等共有。 アクティブなすべての実サーバへのトラフィックの均等なバランス。 すべての着信接続に対して、バランサは次のラウンドロビン実サーバーにリクエストを配信するように割り当てます。

優先順位:常に利用可能な最も優先度の高いものへの接続。 同じ最高優先順位のサーバーへのすべての接続のバランスをとります。 このサーバーが停止している場合、接続は次に高いサーバーに切り替わります。 このアルゴリズムを使用すると、複数の実サーバーでActive-Pasiveクラスターサービスを構築できます。

ゾーンを追加してください。 ゾーンは、クライアントがDNSプロトコルを介して要求するロードバランシングDNSサービス内のルートドメインネームスペースを表します。

GSLB編集ラウンドロビンサービス

GSLBラウンドロビンサービスでは、次のような簡単な選択肢があります。

デフォルトのTCPポートヘルスチェック これは、バックエンドサービスが稼働していることを確認するためにサービスがチェックしようとしているヘルスチェックTCPポートです。 空の値は無効になります。

サービスはクライアントのリクエストを配信するためにバックエンドリストを必要とします。

ID。 これはサービス内のバックエンド識別番号です。 ラウンドロビンサービスでは、必要に応じて非常に多くのバックエンドを追加することが可能です。

IPアドレス。 これは実際のバックエンドIPアドレスです。

とともに [実サーバを保存]ボタンをクリックすると、新しい設定が適用されます。または、キャンセルすることもできます。 ボタンによるプロセス。 結果を示すメッセージが表示されます。

実サーバーの設定が入力されると、設定を編集することができます。 編集ボタンを押すか、またはで設定を削除します。 実サーバの削除ボタン

サーバインデックスは、現在のサービスの実サーバ設定を識別するのに役立ちます。

GSLBプロファイルの実サーバー構成の変更はオンラインで適用され、再起動アクションは必要ありません。

GSLB編集優先サービス

GSLB Priorityサービスでは、次のような簡単な選択肢があります。

デフォルトのTCPポートヘルスチェック これは、バックエンドサービスが稼働していることを確認するためにサービスがチェックしようとしているヘルスチェックTCPポートです。 空の値は無効になります。

サービスはクライアントのリクエストを配信するためにバックエンドリストを必要とします。

ID。 これはサービス内のバックエンドIDです。 優先サービスでは追加することが可能です 主要な および 二次 アクティブ - パッシブDNSサービスを作成するための実サーバー。

IPアドレス。 これは実際のバックエンドIPアドレスです。

とともに [実サーバを保存]ボタンをクリックすると、新しい設定が適用されます。または、キャンセルすることもできます。 ボタンによるプロセス。 結果を示すメッセージが表示されます。

実サーバーの設定が入力されると、設定を編集することができます。 編集ボタンを押すか、またはで設定を削除します。 実サーバの削除ボタン

サーバインデックスは、現在のサービスの実サーバ設定を識別するのに役立ちます。

GSLBプロファイルの実サーバー構成の変更はオンラインで適用され、再起動アクションは必要ありません。

GSLBゾーンパラメータ

GSLBゾーンセクションは、DNSドメイン名、サブドメイン、エイリアスなどを記述します。これらは、上記のように定義されたサービスを使用して追加のロードバランシングレコードを含む完全なDNSゾーンを生成するために必要です。

デフォルトネームサーバ。 これは、Start of Authority(SOA)DNSレコードとして使用可能になるエントリポイントのルートネームサーバになります。

実際のアプリケーションに役立つDNSエントリを作成するために、ゾーンはDNSレコードリストを必要とします。

リソース名。 DNSエントリのリソース名
TTL。 現在の名前がキャッシュされる期間を決定するために必要な、現在のレコードの存続時間(オプション)値。
種類。 DNSレコードタイプ オプションは以下のとおりです。

NS。 ネームサーバタイプレコード。指定された信頼できるネームサーバを使用するようにDNSゾーンを委任します。

A。 アドレスタイプレコード、ホストのIPv6アドレスを返します。

CNAME。 正規名型レコード。指定された名前の別名を表します。

DYNA。 動的アドレスタイプレコード。このサービス用に選択されたアルゴリズムに従って、ファーム構成内にすでに作成されているGSLBサービスによって指定された動的アドレスを返します。

AAAA。 アドレスタイプレコード、ホストのIPv6アドレスを返します。

MX。 メール交換タイプレコード。ドメイン名をそのドメインのメッセージ転送エージェントのリストにマップします。

SRV。 MXなどのプロトコル固有のレコードを作成する代わりに、より新しいプロトコルに使用されるサービスロケータタイプレコード、一般化されたサービスロケーションレコード。

TXT。 テキスト型レコ​​ード。必要に応じて取得できるテキストベースの情報を格納するために使用されます。 TXFレコードがSPFデータを保持し、ドメインの所有権を検証するために使用されるのが最も一般的です。

PTR。 ポインタレコード。正規名へのポインタ。 CNAMEとは異なり、DNS処理は停止し、名前だけが返されます。 最も一般的な用途は、DNSの逆引き参照を実装することです。

NAPTR。 Naming Authority Pointer、URIとして使用することができるドメイン名の正規表現ベースの書き換え、ルックアップのためのさらなるドメイン名などを許可します。

RData。 これはレコードタイプに必要な実際のデータであり、入力値はリソース名の種類によって異なります。次の例は、さまざまな種類のリソース名と、それぞれに許可されているRData値を示しています。

とともに [リソースの追加]ボタンを使用すると、DNSゾーンに新しいレジスタを含めることができます。

とともに [保存]ボタンをクリックすると、新しい構成が適用されます。または、キャンセルすることもできます ボタンによるプロセス。 結果を示すメッセージが表示されます。

レコード構成を入力すると、構成を編集できるようになります。 編集ボタンを押すか、またはで設定を削除します。 ボタンを削除します。

GSLBプロファイルのレコード構成の変更はオンラインで適用され、再起動アクションは必要ありません。

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事