管理::証明書

投稿者 Zevenet | 19年2016月XNUMX日

証明書インベントリテーブルは、HTTPSリスナーを使用するHTTPプロファイルファームに使用されるSSL証明書とCSRファイルを管理するために使用されます。 すべての証明書または証明書署名要求のプロパティが表示されます。

HTTPSリスナーを使用するHTTPファームで有効にするには、すべての証明書をPEMファイルとして生成する必要があります。 デフォルトでは zencert.pem 証明書は使用可能であり、削除することはできません。

これらはCertificates Inventoryテーブルのフィールドの説明です。

世界 フィレット fieldは、.pemまたは.csr拡張子で終わる証明書名です。将来証明書を識別するための説明テキストです。
世界 種類 フィールド。 .pemファイルの場合、種類は「証明書」になります。 .csrファイルの場合、タイプは「CSR」になります。
世界 一般名 fieldは、証明書またはCSRが作成されたドメインの共通名です。
世界 発行者 fieldは証明書に署名した認証局です。 csrファイルには適用されません。
世界 で作成された フィールド。 この日以降、証明書はアクティブになります。 csrファイルの場合は、要求が行われた日付です。
世界 有効期限 フィールド。 証明書が期限切れになる日付です。 csrファイルには適用されません。
世界 アクション フィールドには、すべての証明書またはCSRに使用可能なオプションが表示されます。

主な行動

  • 証明書をアップロードする: カスタム証明書をアップロードするには、このボタンを押す必要があります。 カスタムウィンドウを介してカスタム証明書をアップロードするための新しいウィンドウが表示されます。 ブラウズ… ローカルコンピュータのボタンをクリックします。

    新しい証明書ファイルをアップロードするには、アップロードボタンを押す必要があります。 自動的に、新しいファイルはバランサからアクセス可能になります。


    それから、HTTPSリスナーを持つHTTPファームに使用するためにアップロードされた証明書を選択できます。
     

    アップロードした証明書ファイルには、PEMでエンコードされた証明書、オプションで既知の認証局からサーバー証明書への証明書チェーン、およびPEMでエンコードされた秘密キー(パスワードで保護されていない)を含める必要があります。
  • 新しいCSRを創造する: このボタンをクリックすると、CSRフォームが表示されるので、1つの新しいCSRを作成して1つの新しいSSL証明書を取得できます。
    CSRの創出
     
    このフォームのフィールドは次のとおりです。

    • 証明書名: 証明書に将来の識別用の名前を付けます。 例:ZLBSSL、Zen-SSL、ZLB証明書など
    • 証明書の発行者: ここで証明書の発行者を選択できます
    • 一般名: サーバーのFQDN。 例:domain.com、mail.domain.com、または* .domain.com。
    • 分割: あなたの部門; 「IT」、「Web」、「Office」など。
    • 組織: あなたの組織/会社の正式な正式名称。 例:Sofintel IT Co.
    • 地域: あなたの組織が所在する市。
    • 州/県: 組織が所在する州または県。
    • 国: 組織が所在する国(2文字のコード、例:US)。
    • 電子メールアドレス: あなたのEメール
    • キーサイズ: CSRの生成に使用されたキーのサイズ(ビット単位)。

    フォームの下部にあるをクリックしてください。 CSRを生み出す ボタン。

  • SSL証明書を購入する 以前にCSRを作成したことがある場合は、そのCSRの新しい証明書を入手する必要があります。 このボタンをクリックすると、オンラインストアにリダイレクトされ、そこでZenロードバランサーのZen Ready SSL証明書が表示されます。

コモンアクション

  • 削除。 このボタンをクリックすると、この名前の証明書またはCSRファイルが削除されます。
  • 詳細。 このボタンをクリックすると、証明書またはCSRのプロパティを含む新しいウィンドウが表示され、その後に証明書の内容が表示されます。
  • ダウンロード。 このボタンをクリックすると、CSRまたは証明書ファイルをダウンロードして他のシステムにエクスポートできます。

唯一のCSR行動

  • CSRの証明書をアップロードする。 このCSRを通じて作成された証明書をアップロードしましょう。 プロセスはカスタムの.pem証明書をアップロードするのと似ていますが、証明書は.csrファイルまたは.zipファイルにすることができます。 証明書がアップロードされると、CSRファイルは証明書インベントリに再度表示されなくなります。 代わりに、新しいPEM証明書が表示されます。
上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事