設定::インターフェース

投稿者 Zevenet | 19年2016月XNUMX日

このセクションは、Zen Load Balancerのメインネットワーク設定パネルです。ここには、物理​​、仮想、およびvlanインターフェイスのネットワークインターフェイステーブルと、デフォルトゲートウェイ設定フィールドが表示されます。

[Interfaces Table]に、ZenLBのインストール後にシステムにインストールされているすべての物理ネットワークインタフェースが表示されます。 各テーブルフィールドの意味は次のとおりです。

お名前。 これは現在のインタフェースの名前であり、一意になります。 仮想インターフェイスはインターフェイス名内のコロン「:」文字で識別されます。一方、vlanはインターフェイス名内のドット「。」文字で識別されます。これがvlanタグになります。
Addr。 現在のネットワークインタフェースのipv4形式のIPアドレスです。
HWAddr。 現在のネットワークインターフェースのMAC物理アドレスです。 仮想ネットワークインターフェイスとvlanネットワークインターフェイスは、親の物理インターフェイスと同じMACアドレスを持ちます。
ネットマスク。 これはネットワークインタフェースのネットマスクで、現在のインタフェースに対するネットワークのサブネットを定義します。
ゲートウェイ。 これは現在のネットワークインターフェースのゲートウェイです。 ZenLBは、物理ネットワークインターフェイスまたはVLANネットワークインターフェイスごとに独立したルートテーブルを処理できます。 仮想インターフェイスは常に、親の物理インターフェイスまたはVLANインターフェイスからゲートウェイを継承します。
状態。 緑の点はインターフェイスが稼働中であることを意味し、赤い点はインターフェイスがダウンしていることを意味します。 インターフェイスが稼働しているがリンクされていない場合、切断アイコンが表示されることがあります。

アクション。 アクションアイコンは、現在のネットワークインタフェースに変更を適用するために使用されます。 特定のアクションを適用すると、1つ以上のネットワークインターフェイスに影響を与える可能性があります。

ダウンインターフェース。 現在のインタフェースを無効にします。
アップインターフェース。 現在のインタフェースを有効にします。
インターフェースを編集。 現在のネットワークインタフェース設定を変更します。
変更を適用するには、を押します。 セーブ&アップ! ボタン。

仮想インターフェースを追加。 現在のネットワークインターフェイスから継承した新しい仮想インターフェイスを追加します。
新しい仮想インターフェースを作成すると、仮想インターフェースの識別を確立するために使用されるコロン「:」文字を含むフィールドが表示されます。 IPアドレスは、親インターフェースと同じサブネットの下になければなりません。

変更を適用するには、を押す必要があります。 保存ボタン を押す 変更を拒否するには、[キャンセル]ボタンをクリックします。
VLANインターフェイスを追加する。 現在のネットワークインターフェイスから継承した新しいvlanインターフェイスを追加します。
新しいvlanインターフェイスを作成すると、vlanインターフェイスの識別を確立するために使用されるドット「。」文字を含むフィールドが表示されます。 IPアドレスは、親インターフェイスとは異なる可能性があります。

変更を適用するには、を押す必要があります。 保存ボタン を押す 変更を拒否するには、[キャンセル]ボタンをクリックします。
インターフェースを削除。 可能であれば、このアクションは現在のインターフェースを無効にして削除します。
一部のアクションがロックされています。 このアイコンは、一部のアクションが一時的にロックされ無効になっていることを意味します。 この動作のいくつかの理由は次のとおりです。

GUIサービスは特定のインターフェースにバインドされています。 この場合、ホームアイコンが表示され、アクセスできないzen Web GUIが生成される可能性がある悪い設定から保護するために一部のアクションが無効になっています。

行動をやり直すためには、 設定::サーバー GUIサービスをセクションに分割してすべてのインタフェースにバインドし、最後にGUIサービスを再起動します。
クラスタ構成。 この場合、クラスタは設定されており、インターフェイス設定はクラスタが無効になっている場合にのみ有効になります。

最後に、システムのデフォルトゲートウェイをDefatulゲートウェイテーブルを介して確立できます。

このフィールドを変更するには、を押します。 編集ボタンをクリックして、ゲートウェイアドレスとインタフェースを入力します。

新しい設定を適用するためには押して下さい 保存ボタンまたは 変更を拒否するには、[キャンセル]をクリックします。

デフォルトゲートウェイを削除するには、を押します。 削除ボタン

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事