アップリンクロードバランシングのクイックスタートガイド

投稿者 Zevenet | 19年2016月XNUMX日

概要

Zen Load Balancerは、2月に2でリリースされたバージョンV2RC2012以降、アップリンクまたはプロバイダーの負荷分散をサポートしています。

この実装は、ルートロードバランシングを使用し、ローカルエリアネットワークが複数のサービスプロバイダとのワイドエリアネットワークにアクセスするためのデフォルトゲートウェイとしてのZen Load Balancerのアプリケーションに基づく3レベルロードバランシング方法の一部です。

このドキュメントは、Zen Load Balancerを使用したアップリンクロードバランシング、およびこのソリューションを企業内または一般的なローカルネットワーク内に実装するために必要な手順について簡単に理解するためのものです。

建築デザイン

以下の図は、アップリンクの負荷分散のアーキテクチャの例です。ここでは、クライアントのデフォルトゲートウェイのようなZen LoadBalancerアプライアンスを使用しています。

この場合、インターネットにアクセスするための3つの異なるISPがあります。高速ケーブル接続RDSIルーターと低速XNUMXGルーターです。

ZenLBとルーター間のネットワーク接続は、分離されたネットワークである必要があります。このため、ネットワークにXNUMXつの独立したインターフェイスを提供しました。

192.168.0.0 / 24からeth1を介して、高速ケーブルRDSIにアクセスします。
192.168.1.0 / 24からwlan0まで、遅い3Gルーターへの無線アクセス。

クライアントは別の分離されたネットワークの下にある必要があることに注意してください。そのため、デフォルトゲートウェイ(192.168.2.0)としてZenLBを使用する24/192.168.2.254構成を選択しました。

この実装により、重みアルゴリズムが確立されました。RDSIルーターの重みは5で、3Gルーターの重みは2です。

ルートがキャッシュされるため、リンクのロードバランシングは完全ではありません。 実際、ZenLBはキャッシュされていない動作をサポートしていません。

CONFIGURATION

このアーキテクチャをZen Load Balancerでどのように実装できますか? このセクションでは、Zen LBを使用してこのアーキテクチャを実行する簡単な方法を説明します。

ネットワークインタフェース

次の図は、「設定::インターフェース」セクションのネットワークインターフェース構成を示しています。 通信はルーターに直接行われるため、ゲートウェイを構成する必要はありません。

この構成により、Zen Load BalancerのIPアドレスと対応するネットワークインターフェイスが確立されました。

農場

次に、クライアントがインターネットへの発信接続(この例ではeth1)を要求するインターフェイスを使用して、Manage :: Farmsセクションから新しいデータリンクファームを作成します。

[保存]ボタンをクリックすると、ファームが作成されます。

新しいデータリンクファームのグローバルパラメータを編集して、使用する適切なアルゴリズムを選択する必要があります。 この場合、各アップリンクの重み値に従って両方のアップリンクのバランスをとる重みアルゴリズムを選択する必要があります。

また、優先度アルゴリズムを使用して、さまざまなプロバイダとのアクティブ - パッシブフォールトトレランスアップリンクバランサを構築することもできます。

最後に、バックエンドを構成する必要があります。 アップリンクの負荷分散の場合、実サーバーは、インターネットへの実際のアクセスに対応するインターフェイスと重みまたは優先度の値を提供するルーターになります。

ファイナルヒント

データリンクファームの作成は、異なるネットワークサブネット間のゲートウェイとしてのZen Load Balancerになり、高可用性WANにアクセスするローカルLANに提供されます。

このため、ネットワークパネルには「リスニング」ネットワークインターフェイスのロックゲートウェイ設定が表示されます。

これで、インターネットリンクのバランスが取れました。 ストリーミングビデオサービスにアクセスしてお気に入りのコールドプレイビデオを視聴すると、[バックエンドステータスの表示]セクションからすべてのアップリンクインターフェイスの回線消費量を表示できます。

この場合、予想どおり、最も重みのある線を使用しています。

アップリンクのオフラインまたはオンラインを検出するために、ルータへの直接pingが毎分要求されます。

LICENSE

このドキュメントは、Zen Load Balancer GNU / LGPLプロジェクトのZen Load Balancer開発者チームによって作成されました。
(C)Sofintel IT Engineering SLによる2014。 全著作権所有。 Sofintel IT Engineering SLの書面による許可を前もって得ることなく、この文書のいかなる部分も複製、転送することを禁じます。

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事