Exchange 2010用のZenロードバランサの設定

投稿者 Zevenet | 18年2016月XNUMX日

Microsoft_Exchange_Server_2010

必須条件

このプロセスを開始する前に、次のものが揃っていることを確認する必要があります。

  • Exchange 2010サーバー上にRPC CASアレイを構成し、それをすべてのクライアントに使用させます。
  • MAPIおよびアドレス帳サービス用にExchange2010で構成された静的ポート– 詳しくは.
  • 一般的なホスト名を使用するようにWebサービスおよびその他のクライアントアクセスURLを構成しました– 詳しくは.

設定手順

  1. Webサイトの指示に従って、Zen Load Balancerをダウンロードしてインストールします。 VMWAREにインストールする場合は、管理ツールをインストールしてください。
  2. 設定、インターフェースメニューオプションで、追加のインターフェースを追加します。 これはあなたのExchangeトラフィック用です。
  3. [管理]、[ファーム]の順に選択して、ファームオプションを表示します。
    各「ファーム」は、ロードバランサーが担当するポートです。 通常のインストールでは、XNUMXつのポートを構成します。
     
    1. SMTP(ポート25)
    2. HTTPS(ポート443)
    3. RPC(ポート135)
    4. MAPI(以前に設定された静的ポート)
    5. ADDRESS BOOK(以前に設定された静的ポート)

    あなたが設定しておく必要があります 静的ポート ロードバランサを設定する前に。

  4. [Actions]の下にある[Add Farm]ボタンをクリックします。
  5. 設定するサービスの説明を入力して、[TCP]を選択します。 保存して続行を選択します。
  6. 上記で選択した新しいインターフェイスの仮想IPアドレスを選択してから、仮想ポートを入力します。 これは、実際のExchangeサーバー上のサービスと同じポート番号、たとえば135にする必要があります。 保存をクリックします。
  7. actionsの下のEdit Farmボタンをクリックしてください。
  8. 「負荷分散アルゴリズム」を「優先度:使用可能な最高の優先度への接続」に変更し、変更を押して変更を保存します。
  9. SMTPを構成していない限り、「メモリを介したクライアントIPアドレスの永続化を有効にする」オプションの選択を解除する必要がある場合は、他のすべてのオプションをそのままにしておくことができます。 もう一度[変更]を押して、変更をコミットします。
  10. Edit real IP servers設定までスクロールします。
  11. ボタンをクリックして新しいサーバーを追加します。
  12. 実際のIPアドレスとポートを入力してください。 重みと優先順位を設定します。 最初のサーバーに1、2番目のサーバーに10、3番目のサーバーに20と入力します。完了したらEnterキーを押して、サイトにサーバーを追加します。
    HTTPSを除くすべてのサーバーで、複数のサイトにサーバーを配置できます。 HTTPSは同じADサイトのみでなければなりません。
  13. すべてのサービスを設定したら、各サービスの横にある最後のボタンを選択してバックエンドサーバのステータスを表示できるようにして、ロードバランサにサービスが有効であることを確認します。 各サーバーには緑色のボタンがあります。
  14. 実装するには、作成したインターフェイスの仮想IPアドレスになるように、RPC CASアレイとWebサービスの内部DNSエントリを変更します。
    外部トラフィックの場合、ファイアウォールのNATを同じIPアドレスに向けます。 クライアントがDNS情報を更新すると、サーバーを介した接続が開始されます。 Exchangeサーバーで「netstat-ano-p tcp」を実行すると、ロードバランサーのIPアドレスからの接続が表示されます。

ソース: http://exchange.sembee.info/2010/install/loadbalancing2.asp

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事