IcingaまたはNagiosを使用したZEVENETの監視

投稿者 Zevenet | 6年2017月XNUMX日

概要

この記事の目的は、IcingaモニタリングシステムでZEVENETシステムのヘルスとパフォーマンスをモニタリングする方法を説明することです。 アイシングガ オープンソースのコンピューターシステムとネットワーク監視アプリケーションです。 それはもともとのフォークとして作成されました Nagios 2009年のシステム監視アプリケーション。

このドキュメントでは、Icingaを使用して、ZEVENET ADCロードバランサーアプライアンスのシステムの状態とパフォーマンスを監視します。

Icingaサーバーのインストールとセットアップの説明は、このドキュメントの範囲外です。 Icingaの公式ドキュメントを参照できます https://icinga.com/docs/.

 

表記

この文書では次の表記法を使用します。

お名前
IcingaサーバーのIPアドレスmonitor.icinga.com
IcingaサーバーのWebインターフェイスURLhttp://monitor.icinga.com
ZEVENET ADCロードバランサーアプライアンスのIPアドレスZLB-IP

 

ZEVENET監視プラグイン

Icingaサービス

ZEVENET監視プラグイン ZEVENET ADCロードバランサーエンタープライズエディションのシステムヘルスとパフォーマンスメトリックを監視するためにPerlで書かれたNagiosプラグインのコレクションです。

プラグインチェック提供されたパフォーマンスデータ
check_zevenet_farm.pl農場の状況ファームへの確立された保留中の接続
check_zevenet_farm_backend.plバックエンドのステータスバックエンドへの確立された保留中の接続

 

ZEVENETモニタリングプラグインは、Icinga(または、Nagios、Naemon、Shinken、Sensu、その他のモニタリングアプリケーションなどのIcingaプラグインと互換性のあるもの)モニタリングサーバーにインストールするように開発されています。 したがって、SSH経由でアクセスしてください
必要なソフトウェアをインストールするには、監視ホストをrootとして起動します。

依存関係をインストールする

必要なperlモジュールをインストールしてください。

Debianバスター:

apt update && apt install libwww-perl libjson-perl libmonitoring-plugin-perl libswitch-perl

Perlモジュールが配布パッケージマネージャーに存在しない場合は、手動でインストールできます。

その他の分布:

cpan install LWP::UserAgent'
cpan install Monitoring::Plugin'
cpan install JSON'
cpan install Switch'

 

最新バージョンをつかむ

からダウンロード 詳細を見る.

wget https://github.com/zevenet/zevenet-monitoring-plugins/archive/master.zip 
unzip zevenet-monitoring-plugins-master.zip

 

チェックスクリプトをコピーする

cd zevenet-monitoring-plugins-master
cp -r libexec/* /usr/lib/nagios/plugins/

 

ZEVENET API v4キーを作成する

ZEVENET Webインターフェースにログインし、 システム>ユーザー> zapiユーザーの編集>ランダムキーの生成、このキーを認証方法として使用して、ZEVENETADCロードバランサーアプライアンスからメトリックを取得します。 最後に、zapiユーザーがアクティブであることを確認します。

 

手動でプラグインをテストする

cd /usr/lib/nagios/plugins/
./check_zevenet_farm.pl -H ZLB-IP -z monitorkey -f ReverseProxy -w 20,20 -c 25,25

出力例

ZEVENET OK - profile='https' farm='ReverseProxy' listen='ZLB-IP:ZLB-Port' status='up' (established_connections='10') (pending_connections='0') | established_connections=10;20;25 pending_connections=0;20;25

 

Icingaにコマンド定義を追加する

Icingaコマンド定義のサンプルファイルを参照してください。 「icinga / icinga_commands.cfg」 .

コマンド定義をIcinga構成に追加できます。

cd zevenet-monitoring-plugins/icinga/
cat icinga_commands.cfg >> /usr/share/icinga2/include/command-plugins.conf

 

Icingaにサービス定義を追加する

Icingaサービス定義のサンプルファイルを参照してください。 「icinga / icinga_services.cfg」 .

Icinga構成にサービス定義を追加できます。

cd zevenet-monitoring-plugins/icinga/
cat icinga_services.cfg >> /etc/icinga2/conf.d/services.conf

 

イシンガを再起動して楽しんでください!

Icingaプロセスを再起動し、Icinga Webインターフェイスにアクセスして、作成したサービスを確認します。

/etc/init.d/icinga2 restart

 

NRPE

NRPEプロジェクトのcheck_nrpeプラグインを使用して、NRPEデーモンにクエリを実行できます。 Icinga 2は、 nrpe checkコマンド このため:

Icingaにコマンド定義を追加する

Icingaサービス定義のサンプルファイルを参照してください。 「nrpe / nrpe_services.cfg」 .

Icinga構成にサービス定義を追加できます。

cd zevenet-monitoring-plugins/nrpe/
cat nrpe_services.cfg >> /etc/icinga2/conf.d/services.conf

 

コマンド定義をZLBに追加する

のNRPEコマンド定義のサンプルファイルを参照してください。 「nrpe / nrpe_commands.cfg」 .

コマンド定義をNRPE構成に追加できます。

cd zevenet-monitoring-plugins/nrpe/
cat nrpe_commands.cfg >> /etc/nagios/nrpe.cfg

 

NRPEとIcingaを再起動して楽しんでください!

NRPEプロセスとIcingaプロセスを再起動し、Icinga Webインターフェイスにアクセスして、作成したサービスを確認します。

ZLBでコマンドを実行します。

/etc/init.d/nagios-nrpe-server restart

Icingaでコマンドを実行します。

/etc/init.d/icinga2 restart

 

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事