Azureでの高度な負荷分散とクラスタリング

投稿者 Zevenet | 19年2021月XNUMX日

次の記事では、で高度な負荷分散サービスを設定する方法について説明します。 高可用性のためのZEVENETロードバランサー Azure仮想マシンインフラストラクチャで。 を構成する手順を説明します ゼベネット バックエンドサーバーのファームを使用して、負荷分散HTTPサービスのTCP負荷分散プロファイルをクラスター化して構成します。 提案された例は、 アマゾンウェブサービスでの高度な負荷分散とクラスタリング .

今回は、Azureサービスを使用して紺碧に適用する方法を示します。 次の図は、デプロイするアーキテクチャを示しています。 AzureのZEVENETApplication DeliveryControllerを使用したWeb負荷分散。

各ZEVENETADCマシンは0つのインターフェイスeth0で構成され、各インスタンスはパブリックIPに割り当てられ、追加のパブリックIPは、説明されているように、負荷分散の目的で使用されるLB1インスタンスのethXNUMXを介して別の追加のIPに割り当てられます。未満:
LB1はに割り当てられています 10.0.1.9 eth0では、このインスタンスはパブリックIPから直接アクセスされます 40.117.239.182
LB2はに割り当てられています 10.0.1.8 eth0では、このインスタンスはパブリックIPから直接アクセスされます 137.135.92.30

追加のIPがLB1に割り当てられ、ロードバランサーでeth0:vip1という名前とIPで構成されます。 10.0.1.11、このIPは、ここでXNUMXつの負荷分散サービスを構成してクラスターサービスの一部にするために使用されるため、このIPは、クラスター内のアクティブな役割を管理するZEVENETインスタンスのXNUMXつでのみ機能します。 この内部IPはパブリックIPに割り当てられます 52.170.117.153、公開されたWebサービスに接続するためにクライアントがアクセスします。

最後に、バックエンドはLinuxベースのWebサーバーを備えた仮想マシンインスタンスです。これらのインスタンスは、クライアントが要求されたときに接続する負荷分散サービスの一部です。 http://52.170.117.153/ .

示されているアーキテクチャを実装するために、Azureマーケットプレイスで利用可能なZEVENETロードバランサーのXNUMXつのインスタンスをデプロイします。 Azureポータルのホームページで[リソースの作成]をクリックし、ZEVENETロードバランサー製品で検索するだけです。

他の仮想マシンと同様に、各ロードバランサーパラメータを構成できます。 そのためには、次のことを考慮する必要があります。
そのサイズについては、B1lsで十分です。
バランサーマシンごとに、関連付けられたネットワークインターフェイスが作成されます。 バランサー作成フォームで、パブリックIP、プライベートネットワーク、およびセキュリティグループを構成します。 GUIにアクセスするには、このパブリックIPが必要になることに注意してください。 各仮想ネットワークは他の仮想ネットワークから分離されているため、選択する仮想ネットワークは、他のバランサーとバックエンドが配置されている場所と同じである必要があります。

ZEVENETは、HTTPS Web GUI管理の目的でTCPポート444を使用し、コマンドライン管理とクラスタリングの目的でSSHのTCPポート22を使用します。 さらに、ロードバランサー仮想サービスで使用される各仮想ポートは、セキュリティグループに含まれている必要があります。 この場合、バックエンドHTTPサービスにアクセスするために、TCPポート80での着信トラフィックを許可するように次の着信ルールを構成する必要があります。 これらのネットワーク構成は、ネットワークセキュリティグループで構成できます。

ZEVENET仮想アプライアンスがデプロイされ、インスタンスの状態が実行モードを示したら、ネットワークの構成に進むことができます。

前のページから直接クリックするか、ホームページで検索して、ネットワークインターフェイスを構成する必要があります。 IP構成をクリックし、httpトラフィックが通過できる構成になっていることを確認します。

アクティブノードでは、XNUMXつのIP構成が必要です。 プライベートIPのみに関連付けられたパブリックIP(管理目的で使用されます)と、バランシングの目的で予約されたプライベートIPに関連付けられたクラスターパブリックIP。

パブリックIPが構成された後、仮想ロードバランサーには次のようにアクセスできます。
LB1には次の方法でアクセスできます https:// 40.117.239.182:444 ユーザーrootとパスワードはインスタンスIDです。
LB1は、IPのsshを介してアクセスできます 40.117.239.182、これは仮想マシンの展開時に構成されます。
LB2には次の方法でアクセスできます https:// 137.135.92.30:444 ユーザーrootとパスワードはインスタンスIDです。
LB2は、IPのsshを介してアクセスできます 137.135.92.30、これは仮想マシンの展開時に構成されます。

続行する前にホスト名を変更することを検討している場合は、仮想マシンインスタンスを再起動して変更を適用してください。

Web GUIへのアクセスが正常に完了すると、ホスト名と証明書キーというXNUMXつの重要な値が表示されます。どちらの情報も、ロードバランサーごとに一意であり、アクティベーションライセンスに関連しています。 説明されているように、次のURLでこの情報を使用します。 https://www.zevenet.com/activate-enterprise-edition-cloud-evaluation/.

フォームに記入すると、システムは自動的に指定された電子メールにライセンスを送信します。 受け取ったPEMアクティベーションライセンスを各ロードバランサーのWebGUIからアップロードしてください。 完了すると、Web GUIのロックが解除され、すべての機能が完全に有効になり、操作可能になります。
ノードLB1とLB2の両方で同じアクティベーション手順を実行します。

これで、ZEVENETクラスターサービスを構成する準備ができたので、割り当てられたパブリックIPを介してLB1のWebパネルに移動します。 https://40.117.239.182:444セクション システム>クラスタ 次のフォームに記入します。

Azureクレデンシャル:
          ユーザー:Azureユーザー名。
          パスワード :Azureパスワード。

クラスターの構成:
          ローカルIP:eth0のIPとNICを選択します。
          リモートIP:ノードLB0のeth2のIPをここに入力します。
          リモートノードのパスワード 及び パスワードの確認 :他のノードのsshのrootパスワード(デフォルトではLB2のインスタンスID)をここに入力します。

をクリックしてください 生成する ボタンを押して数秒待つと、構成を実行するノードが ACTIVE 役割(LB1)と他の(LB2)が引き受けます 受動的 役割。

この時点で、ZEVENETクラスターはAzureで構成され、動作する準備ができているので、最初のクラスター化された負荷分散サービスを構成しましょう。
両方のノードに紺碧のクレデンシャルを挿入することが絶対に必要です。 したがって、割り当てられたパブリックIPを介してLB2のWebパネルにもアクセスします https:// 137.135.92.30:444 Azureのクレデンシャルも入力します。 これらのユーザー資格情報はどこにも保存されず、クラスターのネットワークインターフェイスを変更するためのアクセス許可を持つ直接アクティブなユーザーを作成するためにのみ使用されることを明確にする必要があります。

Webサービスの単純なL4負荷分散の構成

【マイアカウント】に移動し、【購入した商品を表示】をクリックします。 LSLB>ファーム>ファームの作成 次のパラメータを使用します。

使用された仮想IP 10.0.1.11 以前に構成された仮想IPであり、常にから到達可能なクラスターのリソース ACTIVE ノード。 押す データドリブン 続行します。 セクションを構成する サービス/製品 説明したように:

保湿ケアを行うことで、水分と油分のバランスを整えていきましょう。 タイムアウト付きのIP永続性 同じクライアントIPが特定の期間にわたって同じバックエンドに接続されることを保証する必要がある場合に備えて、60秒かかります。 で高度なヘルスチェックを構成します 農場の守護者。 使用 check_tcp TCPバックエンドポート80が各バックエンドで開かれていることを確認する単純なヘルスチェックとして。 次に、実際のWebサービスが実行されているバックエンドサーバーの内部IPとポートを追加します。

次に、への接続をテストします パブリックIP http://52.170.117.153/ 内部IPに割り当てられています 10.0.1.11、接続は、を使用してロードバランサーを通過します eth0:vip1 利用可能なバックエンドのXNUMXつに転送されます。

次に、強制的に変更します ACTIVE たとえば、クラスター内の役割は、この役割でノードを再起動します。もう一方は仮想サービスを利用して、パブリックIPに再度接続します。 現在のクライアント接続と新しいクライアント接続は同じバックエンドに対して確立されますが、今回は新しい ACTIVE ノード。

ZEVENETを使用してAzureで高度な負荷分散とクラスタリングをお楽しみください!

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事