高可用性でeClinicalWorksの負荷を分散する方法

投稿者 Zevenet | 16年2016月XNUMX日

概要

eClinicalWorks は外来臨床ソリューションのリーダーであり、その目的は、紙を取り除き、医師のオフィスと残りの医療プロセス(医師から薬局、研究室、医師のサプライチェーンまで)の間のコミュニケーションとワークフローをデジタル化することです。 。 これは、電子健康記録の使用を実践の壁を超えて拡張するWebアプリケーションを提供し、コミュニティ全体の記録を作成します。 米国で広く使用されており、24か国以上で確立されています。

このガイドでは、スケーラビリティ、高可用性、監視のための高度なヘルスチェック、および適切なデータによるこのアプリケーションのセキュリティ強化を提供するために、ZEVENET Application DeliveryControllerを使用したeClinicalWorksアプリケーションの最適な構成について説明します。

Requirements

例としてeclinicalという名前の1 HTTPファーム。
Cookie名をに設定してCookieの挿入を有効にする eClinical_Cookie.
少なくとも2実サーバーまたはeClincalWorksインスタンスを持つバックエンド。
高度なヘルスチェックのためのFarmGuardian設定。
SSLオフロードが有効になる場合に、HTTPSリスナーを設定するためのPEM形式のSSL証明書(信頼性のあるCAからのもの、または自己署名付きのもの)。

基本的なロードバランシング設定

HTTPファームを作成する

【マイアカウント】に移動し、【購入した商品を表示】をクリックします。 LSLB >>ファーム ボタンを押す ファームの作成.

ファームの作成中に、下の図のようにファームを構成します。 仮想IP ロードバランサーのIPアドレスになります。 仮想ポート アプリケーションが配信されるポート 押す APPLY.

eClinical HTTPファームの作成

HTTPファームグローバルパラメータの編集

下の図のようにHTTPファームグローバルパラメータを編集します。 ADVANCE ボタン。
eClinical HTTPグローバルHTTPパラメータ

新しいHTTPサービスを追加する

という名前の新しいHTTPサービスを作成します。 サーバ 例として、 非臨床 以前に作成された農場。

そのためには、タブに移動してください サービス/製品 ボタンを押します 新しいサービス 選択したサービスの名前を紹介します(サーバ この例では)を押して APPLY.

eClinical HTTPグローバルHTTPパラメータ

次に、作成した名前のサービスに移動します サーバ、および クッキー挿入 オプション付き Cookie Name に設定 eClinical_Cookie コラボレー ドメイン fieldはあなたのアプリケーションドメインです(eclinical.app.com この例では、ユーザーが入力する場合 http://eclinical.app.com)と パス フィールドをに設定 / アプリケーション全体のcookieを有効にするために。 の TTL に設定することができます 3600 (1時間)と 固執しない 有効になりました。

最後に、次の図に示すように、バックエンドのIPアドレスとポートのリストを追加します。

eClinical HTTPサービス

変更を適用するためにHTTPサービスを再起動すると、完了です。

高度なヘルスチェックの設定

基本的なHTTPファーム構成は、ZEVENET Application DeliveryControllerと実サーバー間の接続中に固有のTCPヘルスチェックを提供します。 正しいアプリケーションの動作を保証するには、次の機能を使用して高度なヘルスチェックを構成する必要があります。 農場の守護者、TCPバックエンドポート8080が有効になっているだけでなく、HTTP応答が応答されるようにするために、check_httpチェックなどを独自に使用できます。

SSLオフロード構成

eClinicalWorksは適切なデータを管理するため、ロードバランサーでSSLオフロード構成をセットアップすることをお勧めします。 このように、クライアントはHTTPSセキュアチャネルを介してロードバランサーの仮想サービスに接続し、次にロードバランサーはプレーンHTTPでバックエンドに接続します。

eClinicalWorksのHTTPSサービスを設定するのは非常に簡単です。 ファームリスナー 〜へ HTTPS , 仮想ポート 〜へ 443 (HTTPSプロトコルの標準)、 高いセキュリティ 暗号を構成し、最後に、取得した自己署名証明書または信頼できる証明書をインストールします(HTTPSセットアップをテストするために、デフォルトのzen証明書を使用できますが、できるだけ早く変更する必要があります)。 証明書を設定するには この記事を参照してください 詳細についてはこちら。

eClinical SSLオフロード

高可用性構成

高可用性構成では、冗長性によって高可用性を実現するように2ロードバランサノードを設定できます。 最初のノードを設定したら、ロードバランサーに仮想IPアドレスを作成し、新しいeClinicalWorksファームでそれを変更して、作成します。 この記事で説明しているクラスタ。 完全な構成は自動的にXNUMX番目のノードに複製されるため、セットアップを再構成する必要はありません。

リファレンス

https://www.eclinicalworks.com/

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事