Cisco ACEからZevenetに移行する方法

投稿者 Zevenet | 23年2016月XNUMX日

概要

Cisco ACE 何年も前に市場で最も人気のあるハードウェアロードバランサのベンダーの1つでした。 シスコがロードバランサ回線を放棄することを決定した後、ユーザは自分のサービスを簡単に移行できる適切なソリューションを見つける必要があります。

このガイドでは、ユースケース設定例を使用して簡単な手順でCisco ACE設定からZevenetに簡単に移行できることを説明します。

 

基本概念

プローブ:アプリケーションが正しく応答しているかどうかを判断するために、バックエンドまたは実サーバーに対して構成されたヘルスチェックを定義します。 Zevenetでは、ヘルスチェックは以下を通して設定されます。 農場の守護者 これはヘルスチェックスケジューラであり、すべてのファームに合わせてカスタマイズできます。
rserver:全てのホストバックエンドを定義します。 Zevenetでは、バックエンドはWeb GUIセクションを通してリストで設定されます 管理>>ファーム>>編集 .
サーバーファーム:すべての農場を定義し、ヘルスチェックとrserversのリストを関連付けます。 Zevenetでは、ファームの作成は次の方法で行われます。 管理>>ファーム>>新しいファーム その後、グローバルパラメータを編集します。
クラスマップ:リスニングアドレスとポートを定義します。 Zevenetでは、ファームを作成したときに定義されます。 管理>>ファーム>>新しいファーム .
ポリシーマップ:すべてのファームと動作の負荷分散スケジューラーを定義します。 Zevenetでは、 管理>>ファーム>>編集 .
インタフェース:ネットワークインタフェース構成を定義します。 Zevenetでは、ネットワーク設定はセクションにあります 設定>>インターフェース .
route:ルーティング設定を定義します。 Zevenetでは、ルーティング設定はセクションにあります 設定>>インターフェース .

 

サーバロードバランシングの設定例

このガイドは Cisco Application Control Engine(ACE)の設定例—サーバロードバランシングの設定例 .

UDPプローブロードバランシング設定の例

UDPプローブロードバランシング設定のCisco ACEの例

Zevenetに移行するには、次の手順に従ってください。

1. 新しいファーム用に新しい仮想インターフェイスを作成します。 セクションへ 設定>>インターフェース そしてアイコンをクリックしてください VLANネットワークインターフェイスを追加する。 選択する 120 インターフェース名 そしてIPアドレス 192.168.120.114 ネットマスク付き 255.255.255.0例ではlikeが選択されています。

VLAN

2. 【マイアカウント】に移動し、【購入した商品を表示】をクリックします。 管理>>ファーム ボタンをクリック 新しい農場を追加。 現場で 農場の説明の名前 私たちの例になります SFARM1 など プロフィール select L4xNAT。 ボタンをクリック 保存して続行.

3. 仮想IP、VLANインタフェースを選択します。 120 以前に作成された仮想ポート 53。 ボタンをクリック セールで節約.

4. 農場の行動をクリックしてください SFARM1ファームを編集する グローバルパラメータを編集します。 設定する プロトコルの種類   UDP そしてオプションを有効にする FarmGuardianを使用してバックエンドサーバーを確認する, チェック間隔 〜へ 10 及び 確認するコマンド 何かのようなもの:

check_udp -w 5 -c 9 -H HOST -p PORT

HOSTトークンとPORTトークンはそのままにして、ヘルスチェック中にバックエンドのIPサーバーに置き換えられます。

ボタンを押します 修正します.

グローバルパラメータ

5. アイコンをクリックしてバックエンドサーバーを挿入する 実サーバーを追加.

バックエンド

 

RDPロードバランシング設定の例

RDPロードバランシング設定のCisco ACEの例

Zevenetに移行するには、次の手順に従ってください。

1. 新しいファーム用に新しい仮想インターフェイスを作成します。 セクションへ 設定>>インターフェース そしてアイコンをクリックしてください VLANネットワークインターフェイスを追加する。 選択する 10 インターフェース名 そしてIPアドレス 10.6.252.19 ネットマスク付き 255.255.255.0例ではlikeが選択されています。

2. 【マイアカウント】に移動し、【購入した商品を表示】をクリックします。 管理>>ファーム ボタンをクリック 新しい農場を追加。 現場で 農場の説明の名前 私たちの例になります SF1 など プロフィール select L4xNAT。 ボタンをクリック 保存して続行.

3. 仮想IP、VLANインタフェースを選択します。 10 以前に作成された仮想ポート 3389。 ボタンをクリック セールで節約.

4. 農場の行動をクリックしてください SF1ファームを編集する グローバルパラメータを編集します。

5. アイコンをクリックしてバックエンドサーバーを挿入する 実サーバーを追加 例のように:10.6.252.245と10.6.252.246。

メモ:この例では、ヘルスチェックは設定されていません。

 

RADIUSロードバランシング設定の例

RADIUSロードバランシング設定のCisco ACEの例

現在、RADIUSはIPパーシステンスを使用して設定する場合にのみ利用可能です。 Zevenetに移行するには、次の手順に従ってください。

1. 新しいファーム用に新しい仮想インターフェイスを作成します。 セクションへ 設定>>インターフェース そしてアイコンをクリックしてください VLANネットワークインターフェイスを追加する。 選択する 10 インターフェース名 そしてIPアドレス 12.1.1.11 ネットマスク付き 255.255.255.0例ではlikeが選択されています。

2. 【マイアカウント】に移動し、【購入した商品を表示】をクリックします。 管理>>ファーム ボタンをクリック 新しい農場を追加。 現場で 農場の説明の名前 私たちの例になります SF1 など プロフィール select L4xNAT。 ボタンをクリック 保存して続行.

3. 仮想IP、VLANインタフェースを選択します。 10 以前に作成された仮想ポート 1812,1813。 ボタンをクリック セールで節約.

4. 農場の行動をクリックしてください SF1ファームを編集する グローバルパラメータを編集します。 設定する プロトコルの種類   UDP、設定 IPの持続性 as 持続モード ボタンを押す 修正します.

5. アイコンをクリックしてバックエンドサーバーを挿入する 実サーバーを追加 例のように:10.6.252.245と10.6.252.246。

メモ:この例では、ヘルスチェックは設定されていません。

 

SIPロードバランシング設定の例

SIPロードバランシング設定のCisco ACEの例

SIPプロトコルは、生のTCP / UDPまたはヘッダの検査の両方において処理され得る。 Zevenetに移行するには、次の手順に従ってください。

1. 新しいファーム用に新しい仮想インターフェイスを作成します。 セクションへ 設定>>インターフェース そしてアイコンをクリックしてください VLANネットワークインターフェイスを追加する。 選択する 10 インターフェース名 そしてIPアドレス 192.168.12.15 ネットマスク付き 255.255.255.0例ではlikeが選択されています。

2. 【マイアカウント】に移動し、【購入した商品を表示】をクリックします。 管理>>ファーム ボタンをクリック 新しい農場を追加。 現場で 農場の説明の名前 私たちの例になります SF3 など プロフィール select L4xNAT。 ボタンをクリック 保存して続行.

3. 仮想IP、VLANインタフェースを選択します。 10 以前に作成された仮想ポート 5060。 ボタンをクリック セールで節約.

4. 農場の行動をクリックしてください SF3ファームを編集する グローバルパラメータを編集します。 設定する プロトコルの種類   SIP ボタンを押す 修正します.

5. アイコンをクリックしてバックエンドサーバーを挿入する 実サーバーを追加 例のように:10.6.252.245と10.6.252.246。

メモ:この例では、ヘルスチェックは設定されていません。

 

HTTPヘッダースティッキ設定の例

HTTPヘッダースティッキ設定のCisco ACEの例

Zevenetに移行するには、次の手順に従ってください。

1. 新しいファーム用に新しい仮想インターフェイスを作成します。 セクションへ 設定>>インターフェース そしてアイコンをクリックしてください VLANネットワークインターフェイスを追加する。 選択する 193 インターフェース名 そしてIPアドレス 192.168.12.15 ネットマスク付き 255.255.255.0例ではlikeが選択されています。

2. 【マイアカウント】に移動し、【購入した商品を表示】をクリックします。 管理>>ファーム ボタンをクリック 新しい農場を追加。 現場で 農場の説明の名前 私たちの例になります SFARM1 など プロフィール select HTTP。 ボタンをクリック 保存して続行.

3. 仮想IP、VLANインタフェースを選択します。 193 以前に作成された仮想ポート 80。 ボタンをクリック セールで節約.

4. 農場の行動をクリックしてください SFARM1ファームを編集する グローバルパラメータを編集します。 新しいサービスを追加する 呼ばれます ciscosrv 例として、ボタンを押す 追加。 サービスセクションで、 仮想ホスト 〜へ * cisco.com、イネーブル クッキー挿入 確認して 修正します ボタン。 サービス設定を終了するには、 ドメイン 〜へのフィールド cisco.com、 をセットする TTL 〜へのフィールド 720 そしてボタンを押す 修正します 変更を加えるため。

クッキー

5. アイコンをクリックしてバックエンドサーバーを挿入する 実サーバーを追加 例のように:192.168.12.15と192.168.12.16。 変更を適用するためにファームを再起動して下さい。

 

リファレンス

http://docwiki.cisco.com/wiki/Cisco_Application_Control_Engine_%28ACE%29_Configuration_Examples

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事