LVMでZevenet ADCファイルシステムをリサイズする方法

投稿者 Zevenet | 2年2017月XNUMX日

概要

Zevenetアプライアンスは、あらゆるプラットフォームでの展開とインストールを容易にするために軽量フォーマットで提供されますが、ロギングシステムまたはカスタムアプリケーション統合のためにより多くのストレージが必要な場合は、ファイルシステムのサイズ変更が必要です。
そのため、次のドキュメントではZevenet仮想アプライアンスのルートファイルシステムのサイズを増やす手順について説明しています。 この手順は、を使用してアプライアンスに適用することができます LVM (Linux Volume Manager)、次のコマンドでルートパーティション(/)を増やすことができるかどうか確認してください。

root@zva#> lvdisplay  | grep "LV Path" | grep root
  LV Path                /dev/zva64/root

注:LVパスが値と一緒に表示されない場合 / dev / zva64 / root それであなたのルートパーティションは増やすことができません。

手順

目的のサイズの新しい仮想ディスクを仮想Load Balancer ZVAアプライアンスに接続します。 この例では、5の追加GBでルートパーティション(/)を増やします。 開始する/前のサイズに注意してください(利用可能な864Mbのみ)。

root@zva#> df -h
Filesystem                Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/dm-0                 1.9G  912M  864M  52% /

HyperVisorクライアントから、仮想ロードバランサに5GBの新しい仮想ディスクを接続します。

仮想ディスクadcのサイズ変更

この例では、新しいデバイスが仮想ロードバランサ内でデバイス名で検出されます。 / dev / xvdb.

root@zva#> fdisk -l

Disk /dev/xvda: 8 GiB, 8589934592 bytes, 16777216 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: dos
Disk identifier: 0x08115355

Device     Boot    Start      End  Sectors  Size Id Type
/dev/xvda1 *        2048   999423   997376  487M 83 Linux
/dev/xvda2        999424 13694975 12695552  6.1G 8e Linux LVM
/dev/xvda3      13694976 16775167  3080192  1.5G 82 Linux swap / Solaris

Disk /dev/mapper/zva64-root: 1.9 GiB, 2046820352 bytes, 3997696 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk /dev/mapper/zva64-config: 488 MiB, 511705088 bytes, 999424 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk /dev/mapper/zva64-log: 3.7 GiB, 3938451456 bytes, 7692288 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disk /dev/xvdb: 5 GiB, 5368709120 bytes, 10485760 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes

今すぐデバイスを準備する / dev / xvdb LVMに含まれるもの:

root@zva#> fdisk /dev/xvdb

そして、以下のアクションを実行してください。

仮想ディスクadcのサイズ変更lvm

名前付きの新しいデバイス / dev / xvdb1 作成されています。

root@zva#> fdisk -l /dev/xvdb

Disk /dev/xvdb: 5 GiB, 5368709120 bytes, 10485760 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
Disklabel type: dos
Disk identifier: 0xa3e1a858

Device     Boot Start      End  Sectors Size Id Type
/dev/xvdb1       2048 10485759 10483712   5G 8e Linux LVM

今作成した新しいデバイスを含めます / dev / xvdb1 LVMで。

root@zva#> pvcreate /dev/xvdb1
  Physical volume "/dev/xvdb1" successfully created

ZVAアプライアンスには1つのボリュームグループしか含まれていません zva64このボリュームグループ内には3個の論理ボリュームがあり、そのうちの1つがルートパーティションを管理します。

次のコマンドは、ボリュームグループのサイズと名前を表示します。

root@zva#> vgdisplay 
  --- Volume group ---
  VG Name               zva64
  System ID             
  Format                lvm2
  Metadata Areas        1
  Metadata Sequence No  4
  VG Access             read/write
  VG Status             resizable
  MAX LV                0
  Cur LV                3
  Open LV               3
  Max PV                0
  Cur PV                1
  Act PV                1
  VG Size               6.05 GiB
  PE Size               4.00 MiB
  Total PE              1549
  Alloc PE / Size       1549 / 6.05 GiB
  Free  PE / Size       0 / 0   
  VG UUID               EmgT1X-gPw3-f16M-kBC6-0x4s-LdS8-ymeyB6

今すぐデバイスを含める / dev / xvdb1 名前を持つボリュームグループ内の(5Gb) zva64自動的にこのボリュームグループは増加します。

root@zva#> vgextend zva64 /dev/xvdb1
  Volume group "zva64" successfully extended

ボリュームグループ内の最新のコマンドの後の合計サイズに注意してください。

root@zva#> vgdisplay 
  --- Volume group ---
  VG Name               zva64
  System ID             
  Format                lvm2
  Metadata Areas        2
  Metadata Sequence No  5
  VG Access             read/write
  VG Status             resizable
  MAX LV                0
  Cur LV                3
  Open LV               3
  Max PV                0
  Cur PV                2
  Act PV                2
  VG Size               11.05 GiB
  PE Size               4.00 MiB
  Total PE              2828
  Alloc PE / Size       1549 / 6.05 GiB
  Free  PE / Size       1279 / 5.00 GiB
  VG UUID               EmgT1X-gPw3-f16M-kBC6-0x4s-LdS8-ymeyB6

これで、新しい空き領域が、論理ボリューム内のパーティションルート(/)に名前付きで追加されるはずです。 ルート。 ここでボリュームグループ内に作成された論理ボリューム zva64.

root@zva#> lvdisplay 
  --- Logical volume ---
  LV Path                /dev/zva64/root
  LV Name                root
  VG Name                zva64
  LV UUID                EKZu18-rtrq-Fii5-3hCq-JIQh-OGG3-TQhbzU
  LV Write Access        read/write
  LV Creation host, time zva64ee40, 2015-07-28 09:25:23 -0400
  LV Status              available
  # open                 1
  LV Size                1.91 GiB
  Current LE             488
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           254:0
   
  --- Logical volume ---
  LV Path                /dev/zva64/config
  LV Name                config
  VG Name                zva64
  LV UUID                tHSNAl-BAhc-4WeJ-7c24-23lW-91pD-xwATuq
  LV Write Access        read/write
  LV Creation host, time zva64ee40, 2015-07-28 09:26:39 -0400
  LV Status              available
  # open                 1
  LV Size                488.00 MiB
  Current LE             122
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           254:1
   
  --- Logical volume ---
  LV Path                /dev/zva64/log
  LV Name                log
  VG Name                zva64
  LV UUID                vjduEj-zLnx-tTEh-FJN6-SrOJ-iwdp-TGi3Sn
  LV Write Access        read/write
  LV Creation host, time zva64ee40, 2015-07-28 09:26:49 -0400
  LV Status              available
  # open                 1
  LV Size                3.67 GiB
  Current LE             939
  Segments               1
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           254:2

という名前の論理ボリュームを拡張する ルート 以下のように、システム内の追加の空きスペース(5追加GB)を使用します。

root@zva#> lvextend -l +100%FREE /dev/zva64/root
  Size of logical volume zva64/root changed from 1.91 GiB (488 extents) to 6.90 GiB (1767 extents).
  Logical volume root successfully resized

今それに注意してください lvdisplay 論理ボリュームの新しいサイズを名前付きで表示します ルート.

root@zva#> lvdisplay 
  --- Logical volume ---
  LV Path                /dev/zva64/root
  LV Name                root
  VG Name                zva64
  LV UUID                EKZu18-rtrq-Fii5-3hCq-JIQh-OGG3-TQhbzU
  LV Write Access        read/write
  LV Creation host, time zva64ee40, 2015-07-28 09:25:23 -0400
  LV Status              available
  # open                 1
  LV Size                6.90 GiB
  Current LE             1767
  Segments               2
  Allocation             inherit
  Read ahead sectors     auto
  - currently set to     256
  Block device           254:0
  .
  .
  .

最後に、ルートファイルシステム(/)のサイズを新しい利用可能なサイズに変更します。

root@zva#> resize2fs /dev/zva64/root
resize2fs 1.42.12 (29-Aug-2014)
Filesystem at /dev/zva64/root is mounted on /; on-line resizing required
old_desc_blocks = 1, new_desc_blocks = 1
The filesystem on /dev/zva64/root is now 1809408 (4k) blocks long.

次のコマンド(新しい5.6Gb)で新しい空き容量を確認します。

root@zva#> df -h
Filesystem                Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/dm-0                 6.8G  914M  5.6G  14% /
udev                       10M     0   10M   0% /dev
tmpfs                      98M  4.4M   94M   5% /run
tmpfs                     245M     0  245M   0% /dev/shm
tmpfs                     5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
tmpfs                     245M     0  245M   0% /sys/fs/cgroup
/dev/mapper/zva64-config  465M  2.3M  434M   1% /usr/local/zenloadbalancer/config
/dev/mapper/zva64-log     3.6G  7.6M  3.4G   1% /var/log
/dev/xvda1                464M   33M  403M   8% /boot

この時点で、ロードバランサーはサイズ変更され、サービスを拡張する準備が整いました。

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事