Oracle JD Edwardsを高可用性でインストールし、大規模なスケーラビリティを実現する方法

投稿者 Zevenet | 20年2017月XNUMX日

概要

この記事の目的は、障害に耐えるためにJD Edwardsの機能を高可用性に設定して大規模に拡張することによってJD Edwardsの機能を拡張する方法、およびサイバーセキュリティを強化する方法を説明することです。

高可用性とは

ハイアベイラビリティとは、通常よりも長い期間にわたって高レベルの運用パフォーマンス(通常は稼働時間)を保証するシステムまたはコンポーネントの品質です。 高可用性のJD Edwardsをセットアップすることで、以下の問題を解決します。

単一のサーバーで大量の要求を処理すると効率が低下します。
サーバーに障害が発生しても、セッションデータは保持されます。
サービスを中断せずにアプリケーションを更新する。

Oracle JD Edwardsとは何ですか?

Oracle JD Edwards EnterpriseOne ERPプロセスを統合し、さらには携帯電話アプリケーションを提供する標準ベースのアプリケーションスイートです。
エンタープライズリソースプランニング(ERP)は、多くの場合リアルタイムで、ソフトウェアとテクノロジによって仲介される、コアビジネスプロセスの統合管理です。 これらの事業活動には、製品計画、製造、購買、生産計画、財務、マーケティングおよび販売、資材管理、在庫管理、出荷および支払いが含まれます。

JD Edwardsが提供するさまざまなサービスがあります。

JD Edwardsで使用されているサービスの詳細については、以下を確認してください。 JD Edwards EnterpriseOneのVM内で使用されるデフォルトのポートリスト .

Zevenetロードバランサーの設定

これらの指示に従うには、Zevenet Load BalancerのインスタンスとJD Edwardsのいくつかのインスタンスをインストールする必要があります。

これから説明する環境は次のとおりです。

jdedwards環境

フロントエンドサービス(WebLogicベース)を高可用性にするつもりです。そのために、3つの異なる構成を説明します。

TCP RAW接続転送にL4ファームを使用する。
アプリケーションデータ転送にHTTPファームを使用する。
セキュアなアプリケーションデータ転送のためのHTTPSファームの使用

インフラに適したものを選択してください。

ステップ0:データ複製の設定

データの整合性を確保すること、つまりJD Edwardsサーバーに接続してデータが失われないようにすることが重要です。 この手順は、JD Edwardsサーバー層で実行する必要があります。

サーバーを複製するには、WebLogicサーバークラスタを設定する必要があります。 WebLogic Serverクラスタは、WebLogic Serverの複数のインスタンス間でワークロードを分散します。 このようにして、私たちはアプリケーションにさらなる拡張性と信頼性を提供します。 これらのクラスタは、障害が発生した場合にサービスを別のノードに移動するオプションを使用して、単一のマシンでサービスをホストするように実装できます。 WebLogicは、クラスタ内のサーバ間でHTTPセッションレプリケーションを提供します。 さらに、WebLogic ServerはHTTPセッションの状態を複数のクラスタにまたがって複製することもできます。 このようにして、高可用性とフォールトトレランスを実現します。 Zevenet Load Balancerを使用して、この機能を強化します。

ステップ1:仮想IPを作成する

新しい仮想IPを作成するには、ZLBのメインメニューから次のように選択します。 設定>>インターフェース .

仮想IPを作成したい場所の下にある物理インターフェースを見つけます。 アクション ボタンをクリック 仮想ネットワークインタフェースを追加する:

oracle_jd_edwards_physical_network

新しい仮想IPのアドレスとビットマスクを入力します。これは物理デバイスと同じサブネット内になければなりません。 をクリックして保存します 仮想インタフェースを保存.

oracle_jd_edwards_create_virtual_network_interface

構成1:L4ファーム

ステップ2:ファームを作成する

ファームは、サーバー機能を提供してその機能を大幅に向上させるコンピューターサーバーの集合です。 このようにして、アプリケーションサーバーのファームをセットアップすることによって、高パフォーマンスに不可欠なパフォーマンスを向上させます。 これを達成するために行きなさい 管理>>ファーム .

oracle_jd_edwards_load_balancing_farm

をクリックしてください 新しい農場を追加 そして新しいウィンドウで名前を選択して L4xNAT プロファイルとして。 このプロファイルは、ルーティングレイヤ4の高性能ロードバランシングシステムであるため、たとえば、Source NATやDestination NATなどの複数のロードバランシング方式を組み合わせたものです。

oracle_jd_edwards_create_l4_high_availability_farm

さらに2つのオプションが表示されます。 ステップ1で作成した仮想IPを選択し、80をTCP仮想ポートとして設定します。 完了したら、をクリックします セールで節約 ボタン。

oracle_jd_edwards_new_l4_farm

ステップ3:農場パラメータ

ファームが作成されたら、さらにパラメータを設定するためにそれを編集する必要があります。 新しい農場を見つけてボタンをクリックしてください 農場を編集.

oracle_jd_edwards_edit_l4_farm

JD Edwardsセッションは非常に長くなる可能性があるため、選択することをお勧めします。 最小接続数:利用可能な最小オープン・コーンへの接続 as ロードバランスアルゴリズム.

私達はサーバー交換を避けたいと思います:私達が私達のセッションの間に私達が1つのサーバーから別のものにジャンプするならば、私たちは重要なデータを失うことになるかもしれません。 固執 IPクライアントアドレスを選択します。 これにより、同じクライアントが常に同じサーバーに接続します。

次に設定するパラメータはNATタイプです。 NATの略 ネットワークアドレス変換それは、あるIPアドレス空間を別のIPアドレス空間に再マッピングする方法です。 これは、トラフィックルーティングデバイスを通過する間にIPデータグラムパケットヘッダー内のネットワークアドレス情報を変更することによって実現されます。 簡単に言うと、ローカルネットワーク内のコンピュータのIPアドレスを単一のIPアドレスに変換します。

この例では、このパラメータを次のように設定します。 NAT としても知られている 送信元NAT.

oracle_jd_edwards_l4_farm_params_global

をクリックしてください 修正します そして新しいパラメータが表示されます。 送信元IPアドレスの持続時間の制限。 5400秒(90分)に設定してください。 前述のように、JD Edwardsセッションは長時間続くため、このパラメータは永続性からのタイムアウトであり、これを高く設定しています。

この例では、 プロトコルの種類 TCPに設定されています。

oracle_jd_edwards_l4_farm_params

ステップ4:高度なチェック

バックエンドに対して高度なヘルスチェックを実行し、確実に稼働していること、およびプリントサーバーが正しく動作していることを確認するために、ファーム保護者を設定します。 探してください 農場の保護者 あなたのサービスの中で、我々はステップ3でセットアップしました。 クリック FarmGuardianを使用してバックエンドサーバーを確認するあなたはまた、オプションでチェック間の時間を変更することができます チェック間隔 そして最後に 確認するコマンド テキストボックスに次のコマンドを入力します。

check_http -t 29 -w 29 -c 29 -H HOST -u /jde/E1Menu.maf -e 200 -p PORT

最後に、をクリックします 修正します.

oracle_jd_edwards_farm_guardian

コマンド check_http 指定されたホストとのTCP接続をテストします。 私たちの場合は、次のオプションを使用しています。

-t 29:接続がタイムアウトするまでの29秒 このパラメーターは、バックエンドに対して取得した応答時間に関してカスタマイズする必要があります。
-w 29:警告ステータスになるまでの応答時間、29秒
-c 29:クリティカルステータスへの応答時間、29秒
-Hホスト:IPまたはアドレス名、私達の場合、名前は HOST.
-u /jde/E1Menu.maf取得または投稿するURL:/jde/E1Menu.maf
-e 200:文字列200が必要です
-p PORTチェックするポート

ステップ5:バックエンドを追加する

これが、JD EdwardsサーバーのIPアドレスを追加する場所です。 セクションを探す 実IPサーバー構成を編集する とをクリック 実サーバーを追加次に、サーバのIPアドレスを入力し、ポートとして8080を選択します。これはWebLogic HTMLサーバのポートだからです。 最後に、重みと優先度のパラメータを含めてをクリックします。 実サーバーを保存.

oracle_jd_edwards_l4_farm_backends

構成2および3:HTTPおよびHTTPSファーム

ステップ2:ファームを作成する

ここでは、L4xNATファームとまったく同じように進めます。 しかし今、選択 HTTP プロファイルとして、HTTPファームの場合は80、HTTPSファームの場合は443を指定します。

oracle_jd_edwards_new_http_farm

ファームを編集します。 変更 農場リスナー HTTPSファーム、HTTPSファームを設定する場合は仮想ポート443。 HTTP、プレーンHTTPファーム用の仮想ポート80のままにします。 残りのパラメータはデフォルトにすることができます。 クリック 修正します 変更を適用します。

oracle_jd_edwards_http_farm_global_params

ステップ3:サービスを作成する

見つける サービス部門を追加サービス名を入力してをクリック 追加.

oracle_jd_edwards_add_service

私たちは、サーバーの交換を避けたいと思います。私たちのセッション中に、あるサーバーから別のサーバーにジャンプすると、効率性、データ、さらには通信損失さえもあるでしょう。 このような状況を回避することは非常に重要です。 持続セッション 設定する必要があります。 セッションIDでセッションを維持することを選択します。したがって、セッション中は1つのサーバーにのみ接続します。
サービスのグローバルパラメータで、永続セッションフィールドを次のように変更できます。 クッキー:特定のクッキー 「変更」をクリックします。

oracle_jd_edwards_http_persistence

永続化セッション識別子として「JSESSIONID」を選択し、をクリックします 変更します。

oracle_jd_edwards_http_cookie_session_persitence

最後に、ファームを再起動して変更を適用する必要があります。

oracle_jd_edwards_restart_farm

ステップ4:高度なチェック

ここでは、L4xNATファームの場合とまったく同じ方法でここで進みます。 念のため、ここに 確認するコマンド:

check_http -t 29 -w 29 -c 29 -H HOST -u /jde/E1Menu.maf -e 200 -p PORT

ステップ5:バックエンドを追加する

各バックエンドはJD Edwardsサーバーを表します。ステップ0で説明されているように、JD Edwardsデータベースを複製する必要があることに注意してください。 バックエンドのセクションを見つけてクリック 実サーバーを追加

oracle_jd_edwards_add_backend_http_farm

この例では、2つのバックエンドがあります。IP、port(8080)、timeout、weightを選択してをクリックします。

oracle_jd_edwards_backends_http

そして最後に、変更を適用するためにファームを再起動します。

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事