Zevenet 5および6クラスターを構成する方法

投稿者 Zevenet | 20年2017月XNUMX日

シームレスな負荷分散の将来を見据えて、Zevenetクラスターの市長を再構築しました。 Zevenet 5のリリースに伴い、レイヤー4のLSLBファーム(別名L4xNATファーム)のステートフルフェイルオーバー機能を含む、この新しいクラスターを紹介します。

クラスタの新機能をよりよく理解するために、以前のクラスタシステムの最も特徴的な機能を見てみましょう。

レガシーZenロードバランサクラスタ

ネットワークインターフェイス

すべてのネットワークインタフェースは、クラスタのアクティブノード(マスタの役割)で利用できますが、クラスタのパッシブノード(スレーブまたはバックアップの役割)では、クラスタインタフェースと管理インタフェースのみが利用可能です(設定されている場合)。

したがって、クラスターインターフェイスと管理インターフェイスのみが各ノードに一意のIPアドレスを持ちます。

フェイルオーバー

バックアップノードがマスターノードの問題を検出し、マスターの役割を引き継ぐと、移動中のすべてのインターフェイスとファームが起動します。

新しいZevenetクラスタ

ネットワークインターフェイス

新しいZevenetクラスタでは、 NIC, VLAN 及び ボンディング インターフェースは ユニーク IPアドレス(設定されている場合)、およびアクティブノードでは仮想インターフェイスのみを使用できます。

つまり、仮想インターフェイスのIPアドレスは両方のノードで設定され、アクティブノードでのみ使用可能になるため、ファームで使用可能にするには、ファームでこの仮想インターフェイスをVIPとして使用する必要があります。 アクティブ いつでもノード。

フェイルオーバー

フェイルオーバープロセスが発生する前に バックアップ ノードにはすべてのネットワークインターフェイスとファームが稼働していますが、仮想インターフェイスのすべてのARPアドバタイズメントパケットがブロックされているため、マスターノードのIPと重複するIPはありません。 また、FarmGuardianはマスターノードでのみ実行されています。

フェイルオーバープロセス中に、バックアップノードはマスターノードの問題を検出し、仮想インタフェースのARPブロックを削除し、それらをネットワークにアドバタイズし、さらにFarmGuardianチェックを開始します。 このプロセスが終了すると、バックアップがアクティブな役割を引き継ぎ、マスターノードになります。

これにより、フェイルオーバープロセスにかかる時間が大幅に短縮され、ステートフル機能を使用してシームレスなクラスタスイッチングが実現されます。

サービス/製品

3つのサービスがこの新しいクラスタシステムを構成しています。

  • 新しいヘルスチェックサービス(VRRP)
  • 改善された同期システム。
  • ステートフル機能を有効にするために接続の状態を同期させるための新しいサービス。
  • ステートフル機能を有効にするためにセッションの状態を同期させるための新しいサービス。

ステートフル

新しいクラスターシステムには、L4xNATおよびHTTP(S)ファームとも呼ばれるLSLBモジュールのステートフル機能も含まれています。

  • 方法は? クラスタのステートフル機能を利用するには、ファームのVIPをFloating IPとして構成するだけです。
  • フローティングIPとは NIC、VLAN、またはボンディングインターフェースの送信元アドレスとして仮想インターフェースIPアドレスを設定しています。
  • どうして? フローティングIPを設定すると、ノードとは無関係に、バックエンドへの共通の送信元IPアドレスがクラスタに与えられます。 フローティングIPがないと、アクティブロールを持つノードが変わると、バックエンドからロードバランサーへの経路が変わります。

Zevenetクラスタへの移行

  • 最初の手順は、前のクラスタを無効にすることです。 マスターノードはサービスを実行し続け、バックアップノードはマスターノードで実行されているアドレスを持つすべてのファームとインターフェイスを停止します。
  • 実行中のノードで、非仮想インタフェース(NIC、VLAN、およびボンディングインタフェース)で実行されているすべてのファームを停止します。 これらのインターフェイスは、アクティブノードでは実行されなくなります。
  • 停止したファームのVIPとして仮想インターフェイスを設定します。 このプロセスでIPを複製しないようにしてください。
  • 停止したすべての農場を起動します。
  • バックアップノードで、高可用性が必要なすべてのNIC、VLAN、およびボンディングインターフェイスの同じサブネットにIPが構成されていることを確認します。

これで、ノードは新しいZevenetクラスターをセットアップする準備ができました。

Zevenetクラスタの設定

セットアッププロセスを可能な限りシンプルにしました。

新しいクラスタを設定するときは、両方のノードが同じカーネルバージョン(つまり、同じモデルのアプライアンス)を使用していることを確認してください。

  • [システム]> [クラスター]に移動します
  • クラスタローカルIPを選択します:NIC、VLAN、またはボンディングインターフェイスのみを選択できます(たとえば、eth1を選択できます)。
  • クラスタのリモートIPを埋める:リモートノードで同じ名前(この例ではeth1)のインターフェースのIPアドレスを使用する。
  • リモートノードのルートパスワードを入力し、もう一度入力して確認します。
  • 【送信】ボタンをクリックします。販売者は原則としてXNUMX日以内に回答を返信します。XNUMX日を過ぎても回答がない場合は、Artisanaryまでお問い合わせください。 アップデイト 設定を適用し、クラスタを有効にします。

クラスタ設定フォーム

クラスタが設定されたら、をクリックします。 クラスタ設定を変更するためのアイコン:

  • チェック間隔:ノードヘルスチェック間の秒数。
  • フェイルバック処置:優先フェイルバック・ノードを設定します(デフォルトでは優先フェイルバック・ノードは設定されていません)。

クラスタ設定

Zevenetクラスタの監視

クラスタの準備ができたら、クラスタノードをクリックしてクラスタノードをクリックします。 アイコン:

クラスタ監視

ノード情報は30秒ごとに自動的に更新されます。 また、GUIインターフェイスの上部に表示されているノードステータスは、毎分自動的に更新されます。

考えられるノードステータスは次のとおりです。

  • オンラインでアクティブ:マスターノード用。
  • オンラインで受動的:バックアップノード用。
  • メンテナンス:そのようなノードで保守モードが有効になっているとき。
  • 到達不能:リモートノードがオフラインのとき(停止中またはネットワークに問題がある場合)

このパネルからローカルノードを入れることができます メンテナンス ノードの隣にある四角いアイコンをクリックするモード。 このモードを有効にすると、他のノードがアクティブになります。

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事