Zevenet Load Balancerを使ってFileCloudをロードバランスする方法

投稿者 Zevenet | 25年2018月XNUMX日

FileCloudの概要

FileCloud どこからでもどのデバイスからでもファイルにアクセスできるようにするプライベートクラウドを有効にしますが、コンピュータ間の同期も可能にします。 ユーザーが組織内外でシームレスにファイルを共有するのに役立ちます。

Filecloudは、あらゆる組織にとって重要なサービスとなる可能性があります。そのため、スケーラブルなアーキテクチャで機能し、高可用性とセキュリティの強化とのバランスが取れた状態でセットアップされる特定の機能を提供します。

FileCloudスケーラブルアーキテクチャ

次の図は、FileCloudソフトウェアのさまざまな部分と、高可用性サービスを実現する方法を説明しています。

FileCloud図

公式サポートポータルからの前の画像を分析すると、APPサーバーノードが負荷分散の鍵となります。このアプリケーション層はApacheサーバーで提供されるため、HTTP(S)プロトコルがアプリケーションをユーザーに配信する役割を果たします。

FileCloud Frontend Apacheサーバーは2つの異なるアプリケーションを提供します。1つはクライアント接続用、もう1つは管理管理用です。

世界 ユーザーアプリケーションフロントエンド URIを通してアクセス可能 /ui/core/index.htmlそしてそれは次の図のようになります。

一方、 管理アプリケーションパネル URIを通してアクセス可能 /ui/admin/index.htmlそしてそれは次の図のようになります。

FileCloudロードバランシング用に最初に提案された設定は、 LSLB >> HTTPファーム、この構成は分割 管理トラフィックとユーザートラフィック 同じファーム内の2つの異なるサービスを通じて。 このようにして、管理目的のためのより高い柔軟性を提供します。例えば、adminセクションへのアクセスはユーザーのためのアプリに影響を与えずに無効にすることができます。

前の設定よりもはるかに簡単で効率的なもう1つの設定は、そのために使用するTCPパススルーに基づいています。 LSLB >> L4xNATファームどのアプリケーションが管理されているかを考慮せずに、すべてのトラフィックが目的のバックエンドに転送されます。

両方の提案された構成のために我々は必要とするでしょう:

1. おすすめ Zevenetクラスタ 構成は既にセットアップされています。
2. 仮想IP 443 ポートが使用されていません(例: 192.168.100.100)この例では、このIPはDNSで解決されます。 filecloud.zevenet.com .
3. 少なくとも2つのFilecloud apacheサーバが設定されて実行されている場合、それらのIPはロードバランサ自体から到達可能である必要があります(例: 192.168.100.10, 192.168.100.11).
4. Filecloudシステムが両方のFileCloud Apacheサーバーから正しく接続されていることを確認してください。

HTTPファームによる負荷分散

かつて仮想IP 192.168.100.100 名前で作成されます eth1:FileCloud 次のようにして新しいHTTPファームを作成してください。

次に、詳細表示をクリックして HTTPリスナー 〜へ HTTPSHTTPSプロファイルに必要なSSL証明書をここで選択して変更してください。 バックエンドレスポンスタイムアウト 〜へ 7200 大きなファイルがアップロードまたはダウンロードされている場合に接続が切断されないようにするための秒数(2時間)。

FileCloud図

読んでください この記事 SSLファーム用のPEM証明書を作成するために支援が必要な場合。 この例に従って、証明書を作成します。 CN = filecloud.zevenet.com.

をクリックしてください サービス/製品 次のようにタブを付けて3サービスを作成します。

サービス1: というサービスを作成します。 リダイレクトメインユーザーのメインログインページにリダイレクトするには、 URLパターン 及び リダイレクト 以下に示すオプション。

リダイレクトオプションではバックエンドを設定する必要はありません。 具体的なオプションは以下の通りです。

URL pattern = ^/$
Redirect = checked
Redirect = https://filecloud.zevenet.com/ui/core/index.html
Redirect Type = Permanent
Redirect Code = 301 (permanent redirect)

サービス2: というサービスを作成します。 UIユーザー 実際のアプリケーションサーバーをユーザー用に設定します。

この例では、完全な通信が安全であることを保証するために、SSLトラフィックがオフロードされ、その後切り替えられ、最後にバックエンドに再度暗号化されます。

以下の特定のオプションを使用してください。

URL pattern = ^/ui/core*|^/core*
HTTPS Backend = checked
Persistence = IP: Client Address
Persistence Session time to live = 7200
Add FileCloud User Application Backend Servers (ex, 192.168.100.10:443 and 192.168.100.11:443)

サービス3: というサービスを作成します。 UIAdmin 実際のアプリケーションサーバーを管理用に設定します。

URL pattern = ^/ui/admin*|^/admin*
HTTPS Backend = checked
Persistence = IP: Client Address
Persistence Session time to live = 7200
Add FileCloud Admin Application Backend Servers (ex, 192.168.100.10:443 and 192.168.100.11:443)

L4xNATファームによる負荷分散

この設定は以前の設定よりも単純ですが、TCPパススルーを実現するために以下のようにしても柔軟性が劣ります。

専用の仮想IPがサービス用に作成されたら(例: 192.168.100.100)名前で eth1:FileCloud 次の手順に従って新しいL4xNATファームを作成してください。

それから、 サービス/製品 タブをクリックして、Farm Guardianヘルスチェックを選択します。 check_tcp.

最後に、前の設定例のように7200の存続期間を使用してIP経由の永続セッションを有効にし、FileCloudバックエンドを追加します。 バックエンド テーブル(例: 192.168.100.10:443 及び 192.168.100.11:443).

次のスクリーンショットを最終版でチェックしてください。 サービス 構成:

スケーラブルなFileCloudを使ってファイル共有を楽しんでください。

この記事で使用されている参考文献
https://www.getfilecloud.com/supportdocs/display/cloud/FileCloud+High+Availability

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事