ZNA64EE 3300でシリアルコンソールを再度有効にする方法

投稿者 Zevenet | 7年2017月XNUMX日

概要

のインストール zlbinstall_5.0.x.tgz RS232ケーブルを通したシリアルコンソールアクセスに必要ないくつかのシステムクリティカルブートパラメータをリセットするgrub設定ファイルへの更新を引き起こします。 Zevenetネットワークアプライアンスをにアップデートした場合 Zevenet 5.0.x バージョンすると、アップデート後にシリアルコンソールケーブルを使用してアクセスできなくなります。シリアルコンソールへのアクセスを復元し、今後のアップデートでの問題を回避するには、以下の手順に従ってください。

手順

Zevenet Load BalancerアプライアンスへのSSHセッションを開始し、grub設定ファイルをバックアップします(起動に失敗した場合に復元されます)。

root@zlb# cp /boot/grub/grub.cfg /boot/grub/grub.cfg_backup
root@zlb# cp /etc/default/grub /etc/default/grub_backup

grubのデフォルト設定ファイルを編集する / etc / default / grubの

root@zlb# vi /etc/default/grub

パラメータ変更 GRUB_CMDLINE_LINUX =”” 値:

GRUB_CMDLINE_LINUX="console=tty0 console=ttyS0,19200n8"

grubの出力をシリアルコンソールポートにリダイレクトするために、次のパラメータ行を変更します。

GRUB_TERMINAL=serial
GRUB_SERIAL_COMMAND="serial --speed=19200 --unit=0 --word=8 --parity=no --stop=1"

変更を保存してファイル編集を閉じます。

では、次のコマンドを実行してGRUBエントリを更新します。 /boot/grub/grub.cfg:

root@zlb# update-grub

終了したら、次のコマンドを実行し、太字のテキストが表示されることを確認します。 console = tty0 console = ttyS0,19200n8そうであれば、システムを再起動する準備が整い、システム起動中にシリアルコンソールの出力が動作するはずです。

root@zlb# cat /boot/grub/grub.cfg | grep console

terminal_input console

terminal_output console

linux /vmlinuz-3.16.0-4-amd64 root=/dev/sda2 ro console=tty0 console=ttyS0,19200n8 quiet

linux /vmlinuz-3.16.0-4-amd64 root=/dev/sda2 ro console=tty0 console=ttyS0,19200n8 quiet

linux /vmlinuz-3.16.0-4-amd64 root=/dev/sda2 ro single console=tty0 console=ttyS0,19200n8

前の出力にテキストが表示されない場合は、ユニットを再起動せずに、サポートチームに連絡して、公式サポートポータルで問題を開いて問題を確認してください。 Zevenet Central.

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事