SDN:ソフトウェア定義型ネットワーキング

投稿者 Zevenet | 19年2017月XNUMX日

SDNの定義

SDN or ソフトウェア定義ネットワーキング システム管理者、ネットワーキングエンジニア、および専門家が、REST APIを介してプログラム可能でオープンなインターフェイスを使用して動的にデータセンター内のネットワーキングデバイスを管理および制御できるようにするためのインフラストラクチャ設計アプローチです。

の主な要件 ソフトウェア定義ネットワーク データセンターにおける動的、スケーラブル、費用対効果の高い、柔軟なインフラストラクチャの現在のニーズから来ています。時代遅れの伝統的な静的、ハードウェアベース、モノリシックITアーキテクチャを避けます。

ソフトウェア定義アーキテクチャは、 コントロールプレーントラフィックが進行している場所を決定し、決定を下します。 データ経路パケットを管理および転送します。

SDNの課題

メイン 建築の課題 SDNを定義するのは次のとおりです。

プログラマビリティ。 システム管理者および開発者によるREST APIを使用したオープンスタンダードによる完全にプログラム可能な自動化を可能にし、あらゆるフレームワークを通じて完全に統合されます。
アジリティ。 コントロールプレーンとデータパスの関連付けを解除することでネットワークの設計と操作を簡素化します。これにより、上位層の抽象化によってネットワークの定義が簡単になり、ベンダー固有のデバイスやプロトコルが回避されます。
セントラルコントローラ。 ネットワークの集中型インテリジェンスにより、1つの固有のデバイスのように大規模なネットワークインフラストラクチャを管理でき、トラフィック管理、ストレージ、セキュリティ、アプリケーション配信などのさまざまなポリシーを調整することができます。

このパラダイムの下で進化してきたさまざまなソフトウェア定義アプリケーションは次のとおりです。

SDx(ソフトウェア定義すべて)。 それは、データセンターの課題(つまり、IoTや重要なシステムなど)を超えた、さまざまなアプリケーションやインフラストラクチャの分野をすべて統合します。 ソフトウェア定義 パラダイム。
SDI(ソフトウェア定義基盤)。 これは、データセンター内のインフラストラクチャがソフトウェアによってプログラム的に編成され拡張可能であるという概念を定義しています。
SDM(ソフトウェア定義メモリ)。 それは、メモリがソフトウェアを介してプロビジョニングされたリソースであるソリューションを定義します。
SDMN(ソフトウェア定義モバイルネットワーキング).
SD-WAN(ソフトウェア定義広域ネットワーク)。 それは、異なる支店の通信、インターネットアクセス帯域幅管理、待ち時間、および広域ネットワークの問題がソフトウェア定義のソリューションを使用して解決されるソリューションを定義します。
SD-LAN(ソフトウェア定義ローカルエリアネットワーク)。 パケット輻輳、スループット、低遅延、サービスの分離などのローカルエリアネットワークの問題をソフトウェア定義のソリューションを使用して解決するソリューションを定義します。
SDR(ソフトウェア無線機)。 それは、変調器/復調器、フィルタ、ミキサ、増幅器などのような伝統的にアナログ無線通信のデジタルプログラマビリティを定義する。
SDS(​​ソフトウェア定義記憶域)。 ソフトウェアによるポリシーとプログラム可能なストレージのプロビジョニング
SDP(ソフトウェア定義保護)。 DoSおよびDDoS保護、ブラックリスト、サービスまたはアプリケーションごとのファイアウォールなどのソフトウェアによるポリシーおよびプログラム可能なセキュリティプロビジョニング
SDDC(ソフトウェア定義データセンター)。 ソフトウェアで定義されたパラダイムを通じて、データセンターリソース全体のプロビジョニングとポリシーのプログラマビリティを定義します。
SDAD(ソフトウェア定義アプリケーション配信)。 ロードバランシング、高可用性、アプリケーションの監視、レポート作成などを提供するソフトウェア定義のソリューションを通じて、アプリケーション配信のプロビジョニングとポリシーを定義します。

SDNへのZevenetのアプローチ

Zevenet 5 包括的なを実装することにより、中規模および大規模ネットワーク環境を満たすように設計されています フルオープン仕様のREST API これにより、プログラマビリティ、敏捷性、および中央コントローラの機能を通じて、SDNインフラストラクチャに完全に統合できます。

SDxパラダイムの下では、 Zevenet ADC ソフトウェア定義のデータセンターに統合するために、次のソフトウェア定義の機能を提供します。

SDN 高度なネットワーク設定、仮想およびVLANインターフェイス、フローティングIP、リンクアグリゲーション、高度なルーティング、ネットワークリアルタイム統計およびレポートのプロビジョニングおよびプログラム可能な管理による機能。 より詳しい情報…
SD-WAN アップリンクアグリゲーション、WANアクセスの高可用性、ルーティングレベルでのロードバランサ、および統計情報のための仮想サービスのプロビジョニングと集中管理による機能。 より詳しい情報…
SDP ネットワーキングおよび仮想サービス/アプリケーションごとのDos緩和策、ローカルおよびリモートジオブラックリスト、SSL暗号化セキュリティ強化、HTTP / S脅威緩和策などのポリシー定義による機能。 より詳しい情報…
SDDC プログラム可能なインターフェースの定義を通じた機能により、異なるデータセンターにまたがる位置情報付き仮想サービスのプロビジョニングと集中管理が可能になります。 より詳しい情報…
SDAD プログラマブルインタフェースの定義を通じた機能により、ネットワーキングおよびアプリケーションレベルで本質的に高可用性を備えた仮想およびフローティングサービスのプロビジョニングと集中管理、ロードバランシング、モニタリング、アプリケーションレポート、SSLオフロード、異なるアーキテクチャトポロジサービスの実装、プロキシ機能、パケットそして、特にL4とL7でのデータ最適化治療。 より詳しい情報…

SDNの参照

https://www.zevenet.com/zapidocv3/ – ZevenetADCのソフトウェア定義のプログラマビリティのためのRESTAPI。
https://en.wikipedia.org/wiki/Software-defined_networking –ウィキペディアでのSDN定義。

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事