設定::クラスタ

投稿者 Zevenet | 19年2016月XNUMX日

このセクションでは、クラスタサービスを設定し、クラスタサービスのステータスを確認できます。 設定は自動的に複製されるため、クラスタプロセスの設定中に2番目のノードにアクセスする必要はありません。

クラスタステータス。 これはクラスタエレメントのグローバルビューです。ここでチェックをリロードできます。
クラスタの仮想IP、またはここで新しい仮想を作成します。 設定していない場合は、クラスタサービスに使用する仮想IPを選択してください。 設定::インターフェース この仮想インタフェースは、クラスタサービスを構成している最初のノードでのみ構成する必要があります。

ローカルホスト名とリモートホスト名。 仮想インタフェースを選択したら、クラスタノードに関するホスト名とIPアドレス情報が必要です。

クラスタIDとデッド率。 クラスタコンポーネントを使って、クラスタIDを設定する必要があります。 ネットワークに複数のクラスタがある場合は、それぞれに異なるIDを選択します。 デッド率は、スレーブノードがチェックごとにマスターノードの応答を待機している最大秒数です。 その時間を超えると、スレーブノードはマスターに昇格します。 仮想環境の場合、推奨値= 10

セールで節約 変更を保存するためのボタン。 この時点で、両方のノードの物理IPは、最後のステップの「仮想IPクラスター」と同じ物理インターフェース(例えばeth0)上に設定されている必要があります。

リモートホスト名のrootパスワード。 2番目のノードのルートパスワードを入力します。この情報は記憶されません。両方のノードでRSA通信を設定するだけで済みます。

一度 ノード間のRSA接続を構成する を押すと通信プロセスが実行され、すべてが正しければ以下のメッセージが表示されます。

クラスタの種類を選択します。 このコンボを通じて、クラスタサービスの動作を選択できます。

- すべてのホスト上の無効なクラスタ - クラスタサービスは両方のノードで停止し、無効になります。 このオプションは、変更を加えたりクラスタサービスを無効にしたりするためにクラスタサービスを停止する必要がある場合にのみ使用してください。
-Node1マスタとnode2バックアップの自動切戻し - node1がダウンとして検出された場合、node2が負荷分散サービスを引き継ぎます。 node1が復元されると、サービスは自動的にnode1に戻ります。 node1がnode2よりも強力なサーバーの場合は、このオプションを選択してください。
-Node1またはnode2をマスターにすることができます - だれでもマスターになれます。1つのノードが回復したときに自動フェールバックは行われません。 node1とnode2の2つの非常によく似たサーバーが両方ともトラフィックの全負荷を処理できる場合は、このオプションを使用できます。

クロスパッチコードを使用する。 クラスタ通信用に2つのZen Load Balancerサーバーをクロスケーブルで接続するには、このオプションをチェックする必要があります。

今すぐプレス 変更を保存します。

クラスタサービスは両方のノードで開始され、プロセスの最後にこれらのメッセージが表示されます。

プロセスはクラスタを設定するためにバックグラウンドで起動されます。この時点で、更新アイコンを押すことができます。 クラスタステータスビューを更新します。

クラスタが構成されて正常に動作している場合は、次のようなビューが表示されます。

このビューには、クラスタサービスと次の行に記述されているステータスが表示されます。

禅の待ち時間。 UCARPサービスのランチャーです。このサービスは両方のクラスタノードで実行されている必要があり、ノード間の通信が正常であることを確認します。
クラスタIP。 このIPはマスターノード上でのみUPで設定されていますが、バックアップノード上ではDOWNです。
禅inotify。 このサービスは、マスターノードでのみ実行されている必要があり、ネットワークとファームのすべての構成と変更をバックアップノードに送信します。

クラスタ構成ビューでは、次のことができます。

クラスタサービスが魅力的に機能していることをテストするためにチェックを再読み込みします。.

RSA接続をテストする。 ノード間のRSA接続が正常に機能していることを確認して、zen inotifyサービスを介した同期に必要であることを確認します。

フェイルオーバーをテストする。 クラスタサービスノードを切り替えます。 マスターサーバーでメンテナンス作業を実行する必要がある場合、またはクラスタサービスをテストする必要がある場合に便利です。 にとって node1マスターとnode2バックアップの自動フェイルバック クラスタタイプは30秒間だけ切り替えられ、その後、クラスタサービスはnode1に切り替えられます。

メンテナンスのためのバックアップとして強制的にノード。 他のサーバがより高い優先順位を得るためにクラスタの優先順位を変更して下さい。

クラスタサービスを設定したら、クラスタの種類を変更できますが、サービスが停止する可能性があります。

Web GUIを使用すると、両方のノードにとってどちらがクラスタの役割であるかを簡単に識別できます。 Webページの上部に、マスターノードに関する次のメッセージが表示されます。

バックアップノードの場合:

「メンテナンスのためにノードをバックアップとして強制する」ボタンを押すと、メッセージは次のようになります。

クラスタサービスが両方のノードで実行されたら、マスターノードに接続するだけで、ファームとインターフェイスに変更を適用できます。これらの変更は自動的に構成され、バックアップノードに複製されます。

上の共有:

GNU Free Documentation Licenseの条項に基づくドキュメンテーション。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事